COIN TOKYO

\719,459
BTC +0.86%
¥32,138
ETH +1.36%
¥32.32
XRP -0.01%
¥58,085
BCH +0.38%
  • 2018/01/19
  • コイン東京編集部

DMMやGMOも参入しているクラウドマイニングとは?利益はどれくらいでるの?おすすめのクラウドマイニングも紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨で利益をあげる方法のひとつに、クラウドマイニングへの投資があります。日本では大手インターネット会社であるGMO株式会社や、DMM.comがクラウドマイニング事業に参加しています。今後も日本からクラウドマイニング事業に挑戦する企業は増加すると予想できますし、日本人にとって仮想通貨もより身近なものとなることでしょう。今回はこれからどんどん注目されるだろうクラウドマイニングについて、どんな仕組みになっているのか、どれくらい利益がでるかなどをまとめました。

そもそもマイニングとは

初めて聞くと難しそうに聞こえる「クラウドマイニング」ですが、実は少し知識をつけさえすれば誰でも簡単に参加できるものなのです。でもクラウドマイニングについて理解するには、まずはマイニングについて把握したほうがスムーズです。

マイニングとは採掘という意味をもつ言葉です。仮想通貨の世界ではビットコインの運営でおこる取引記録を取引台帳へ追記する作業をさします。

これは余っているコンピュータのリソースを使っておこなうものです。マイニングを行った側は、この対価として新しく発行されたビットコインを手に入れることができます。

ユーザーとしては自分のコンピューターの余力をマイニング作業に回し、仮想通貨を得るようなシステムです。ただ、このマイニング作業には専門的な知識と膨大な計算量、多くの電力が必要になります。

そのため今は企業ベースで行っているところがほとんど。さらに電力の値段の安い中国などがメインで行われています。

クラウドマイニングとは

クラウドマイニングとは、マイニング事業をおこなっている企業に投資することです。最初にあげたようなGMO株式会社や、DMM.comのおこなっているマイニング事業に出資する形でマイニングに参加するという方法です。

出資されたマイニング団体や事業部はそれを元手にマイニングを行います。そのマイニングで得られた利益は、投資した額に応じて配当されます。信頼できるマイニング団体や事業部に出資することさえできれば、安定して利益を得ることができるのです。

クラウドマイニングで利益がどれくらいでるかは、どのタイミングでどの団体や企業に行うかで雲泥の差がつくといえます。

クラウドマイニングのメリットとデメリット

そんなクラウドマイニングのメリットは以下の通りです。

 初期費用がゼロ必要ない
 電気代の必要がない
 マイニング知識も不要

まずあげられるのは初期費用がゼロで済むという点です。

クラウドマイニングはマイニングと違い何か設備を用意する必要がありません。

出資するだけでOKなので、参入障壁はとても低いといえるでしょう。また、実際にマイニングを行うのは出資先のため、電気代やマイニングの知識不足も心配しなくて大丈夫です。

逆にデメリットとなるのは以下の通りです。

 会社倒産の心配がある
 回収額が投資額を下回る可能性がある
 詐欺マイニングの可能性がある

クラウドマイニングも投資のひとつです。そのため投資額を上回る回収ができるかどうかは誰にもわからないのです。回収する前に会社が倒産してしまう可能性もゼロではありません。また、クラウドマイニングの認知が高まる一方、詐欺マイニングの存在もあります。

本当に存在する会社なのかどうか、信頼がおけるかどうかは始める前に確認する必要があります。

クラウドマイニングを始める前の注意点

もし、これからクラウドマイニングを始める場合、投資先のマイニング工場が本当に実在しているかは必ず確認しましょう。自分が投資したクラウドマイニングが、実際には存在せず投資した金額が戻ってこないという事件もあります。

信頼できるクラウドマイニングサービスかはインターネット上での評判や企業情報を見るだけでも察せる部分があります。また、投資した後も実際にマイニングがおこなわれているかを確認することができます。

中にはGenesis Miningのように、公式サイトでマイニング工場を動画で紹介している企業もあります。クラウドマイニングは投資先をどこにするかで全てが決まります。しっかりと選んでいきましょう!

クラウドマイニングを始めるには仮想通貨の知識が必要不可欠

クラウドマイニングを始める前には仮想通貨の知識をつけるのが必要です。しっかりと知識を身につけてから挑戦することで、成功率をあげることができるでしょう。もしどのクラウドマイニングサービスを選ぶべきか迷ったときは、利用者の多いところから挑戦してみるのもひとつの手です。

有名なところでいうと2014年から提供されているアメリカの「Genesis Mining」や、1年間の契約から挑戦できる「HashFlare」などがおすすめです。日系のクラウドマイニングサービスも順をおって充実してくるでしょうから、焦らずじっくりと決めていきましょう。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る