COIN TOKYO

¥712,066
BTC -0.08%
¥23,444
ETH -0.04%
¥36.32
XRP +0.38%
¥47,745
BCH -0.02%
  • 2018/01/19
  • コイン東京編集部

ビットコインキャッシュはビットコインを"逆転"するのか?今後のチャートから目が離せない

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年8月にビットコイン(BTC)からハードフォークした『ビットコインキャッ シュ(BCH)』が注目を集めています。
その理由は、現在仮想通貨界で最もシェアを占めているビットコイン(BTC)の "重要な問題"が露わになっていて、このままその"重要な問題"が解決されなければ、 ビットコインのシェアが下がるのでは無いかと囁かれているからです。
そしてビットコインのシェアが下がった場合に、代わりに台頭するのが『ビットコインキャッシュ』では無いかと予想されています。

ビットコイン(BTC)の問題とは?

ビットコインに付きまとっている"スケーラビリティ問題"。
“スケーラビリティ問題”とは、簡単に説明すると「ブロックの最大容量が少ない」という問題です。
取引処理はそのブロックにて行われるので、容量が少ないと、1日に処理できる取引も基本的に少なくなります。
ビットコインは、以前からこの問題の解決を迫られていました。
当初は取引量が少なく、大きな問題に至っていなかったものの、いずれ決済機能としては不便になる事が予測されていたからです。
そこでその問題の解決策として、ハードフォークが施行され、ビットコインキャッシュが生まれました。

"ビットコイン"と"ビットコインキャッシュ"の現状

ハードフォークによって生まれたビットコインキャッシュですが、生まれた当初はハードフォークという技術の知識、 そしてビットコインの問題点が世間に露わにされてなく、ビットコインキャッシュの存在価値を懐疑的に思う声が多くを占めていました。
しかし、昨今の仮想通貨の取引量急増により、とうとうビットコインが決済としての機能を満足に果たせなくなりつつあるのです。
ビットコインのブロック容量は1MBなのですが、それに対して取引が過多状態で"取引処理待ち"のトランザクションが数万個の単位で残っています。
送金の際に、人によっては1日以上の時間がかかり、送金手数料が増えるなどの問題も併発。 それに対して、ビットコインキャッシュの容量は8MB。
つまり8倍(詳しく説明すると単純に"8倍"という訳ではありませんが、こちらでは説明をシンプルにする為に、そう表現します)の差が生まれています。
どちらの通貨も10分に1度ブロックが作成されているのですが、そのブロックで処理できる 取引データはビットコインが1000だとしたら、ビットコインキャッシュは8000になるのです。
ブロックチェーンは複合的で、根本の機能性として両通貨でベクトルが異なるので、 照らし合わせる事がそもそも間違いという声もありますが、ブロック容量だけを比較すると ビットコインキャッシュがやはり圧倒していて、多くの投資家から支持の声が集まっているのです。

"ビットコインキャッシュがアメリカ最大手の取引所に上場"

ブロックの容量だけでなく、Bitocoin Cashには好材料のニュースが増えていて、追い風となっています。
その中でも最も大きなニュースが"アメリカ最大手の取引所Coin Baseへの上場"でしょう。 Coin Baseの利用者は約1200万人と言われていて、この上場が仮想通貨界に与えたインパクトは非常に大きいです。
また、Bitcoin.comの創始者が、所持コインをビットコインからビットコインキャッシュに乗り換えた報道も噂となりました。

ビットコインキャッシュは、ビットコインを本当に超えるのか?

ビットコインとビットコインキャッシュの優劣に関する議論は、今も各地で行われています。 ビットコインキャッシュにも課題は多く、セキュリティ面の脆弱性なども指摘されていて、 一概に優劣がつけ難い状況なのです。
しかし、以前よりビットコインキャッシュのフォロワーが増えているのは事実で「チャート」「時価総額」 共に上昇率が高まっています
ビットコインもアップグレードの噂がありますので、 2018年は、ビットコインがビットコインキャッシュにその座を渡すのか、はたまた他のコインが主役となるのか、 やはりビットコインが王座として君臨し続けるのか、予想の難しい状況が続くでしょう。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る