COIN TOKYO

  • 2018/01/29
  • 2018/01/30
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

ビットコインの先物レポートには強気な空気が漂っている

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインニュースにおいて、ジャミーレッドマンが「ビットコインの先物レポートには強気な空気が漂っている」と発言して、話題を呼んでいます。

ビットコインおよび仮想通貨は概して、昨年12月に最高値を記録して以降、今年に入ってからは下がり気味です。CBOEとCMEによって新たに追加されたビットコインベースのデリバティブ市場と、過去4週間のビットコインスポット価格との相関関係には、多くの人々が従っています。

ほとんどのビットコイン先物取引は、最近の値下がりにより価値が「ショートする」との投資家たちの予想通り、過去数週間にわたって弱気なものでした。しかし最近のデータによると、ビットコインにおいてはほとんどが長期投資です。そのため、ビットコインの価格は間もなく上がると予想されています。

CFTCレポート-今週のビットコインの先物取引は圧倒的に強気!?

先物取引の開始により仮想通貨市場はさらに注目され、過熱相場となりました。これによりビットコインの市場価値は19000ドルまで上がりましたが、今年に入って40%も価値が下がりました。

ビットコイン派生商品が登場して以来、商品先物取引委員会(CTFC)はCBOEの市場パフォーマンスに関するレポートを発表しています。12月以来、CFTCのレポートによると、先物トレーダーはビットコインの価格にベットしています。

これは、弱気であることを表しており、現物価格は予想通りでした。そんな中、先週金曜日のCFTCデータは強気であったため、CBOEのトレーダーは価格上昇を期待しているそうです。

短期と長期の比率が逆転

今週のCFTCレポートによるとレバレッジポジションでは1,142件が長期(価格上昇と予想)であるのに対し、短期(価格下降と予想)は518件でした。このデータは、CBOEの取引が多かった数週間前とは対照的です。当時、短期と長期の比率は4:1でした。

Evercoinのミコ・マツムラ氏は、ビットコインの短期売買は慎重にすべきと思っている人たち、特に資金がない人たちの考えについて説明しています。たとえば、マツムラ氏は、ほとんどの先物トレーダー、特にCBOEとCMEの取引対象トレーダーは、すべてチャート上の値動きの変動幅を見ているだけの「トレーダー(投機家)」だと言っています。また、多くの人が理解していないのは、短期ではたくさんの人が購入タイミングは価格が下落しているときだと思っているという限定的な欠点があるということだ、とも言っています。

「短期のビットコインに弱い人は、そもそもビットコインの価値を信じておらず、ビットコインの価値が0になると思っている」と説明しました。これらの人々はすでに保有している人々や、値引きによって参入機会を得られるのを待ちわびている人が大勢いることに気づいていない、ということだそうです。

多くのトレーダーがGBTCの株取引を短期にしようと尽力したことや、ビットメックス、ビットフィネックス、オーケーコインのトレーダーが毎日ビットコインに投資しようとしていたことが証明している、とマツムラ氏は述べました。現時点では、レバレッジトレーダーの大半が従来の仮想通貨へ長期の投資をしています。ビットフィネックスのレバレッジポジションは現在、長期が26,982件であるのに対し、短期は18,226件です。(長期59%に対して、短期40%)。最新のCFTCレポートによると、CBOBのビットコイン先物取引によるとトレーダーは、継続的にビットコインへ投資しようとはしていない、と考えられています。そして今週、COBEに由来する主流のビットコインのデリバティブトレーダーは、ビットコインの価格に反動が差し迫っている、と予測しました。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る