COIN TOKYO

¥1,133,005
BTC -0.61%
¥20,635
ETH -0.45%
¥28.93
XRP -0.70%
¥33,123
BCH -0.96%
  • 2018/02/03
  • 2018/02/03
  • コイン東京編集部

分散型取引所とは?2018年に時代が来る!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
取引所には分散型と中央管理型があるのはご存知でしたか?分散型取引所とは、中央で管理する機関をもたない取引所のことです。仮想通貨をささえるブロックチェーン技術を最大限にいかした分散型取引所は、今後の仕組みを大きく変えていくとてもメリットの多いものです。
今回は分散型取引所とは何かはもちろん、それによって回避できるリスクや得られるメリット、今後の予想についてもまとめました。

分散型取引所とは

分散型取引所(DEX)とは中央に管理者がいなくても売買可能な取引所のことをさします。いまも分散型取引所では仮想通貨の取引が個人間で行われています。
分散型取引所の特徴を考えると、まずあげられるのは安全性が高いことです。分散型の反対である中央管理取引所の場合、中央にアクセスされてしまうとデータをすべて抜き取られてしまう可能性があります。一度のハッキングで大きな資産を紛失する可能性が高いのです。

中央管理の場合、想定されるリスクとは

現在、運営されている取引所のほとんどは中央管理のものです。代表的なもので言えばBittrexやPoloniex、Coincheckなどは中央管理の取引所なのです。こういった取引所ではコールドウォレット(オフライン上で管理する仮想通貨ウォレット)などで対策こそされているものの、インターネット上での売買取引をするので少なからずハッキングなどのトラブルが起きる可能性があります。実際、2017年度にハッキング被害にあったのは中央管理の仮想通貨取引所ばかりでした。
また、ハッキングだけでなく政府の規制で引きだし不可になったりシャットダウンしたりといった可能性もあります。取引所には仮想通貨だけでなく個人情報も大量に記録されていますから、いつどこでなにが漏れてしまうのかといった不安があるのです。

分散型取引所(DEX)の仕組みとは

そんな中央管理取引所に対し、分散型取引所(DEX)の場合はデータがまとめてある場所というのが存在しません。
分散型取引所はブロックチェーンという技術でつくられています。ブロックチェーンとは、それぞれの取引情報を一定量でまとめた個々のブロックを鎖状(チェーン状)につないで管理する技術です。
この技術を使うことで、世界中に点在するパソコンにデータをそれぞれ保存することが可能。分散型取引所では、資産の管理や取引を分散型取引所にあるブロックチェーン上で行い、秘密鍵(パスワード)は個人で管理。実際に取引するときにしかパスワードを使用しないため、資産を個人で管理する世界を作りだしています。どこか中心になる機関をつくらなくても、信ぴょう性の高い取引を行うことができるようにしたのです。

分散型取引所(DEX)の欠点

ここまでメリットをあげましたが、分散型取引所にも欠点はあります。
まず、ひとつめは法定通貨が使用できないこと。分散型取引所は原則、仮想通貨同士の売買に限定されています。円やドルなどは使用できないので、まずはビットコインなどに換金する必要があります。
また、注文時に手数料がかかってしまうのも欠点といえます。買い注文や売り注文をだした時点で手数料が発生するため、それを見越した取引をしなくてはいけないのです。こちらは徐々に改善されつつあるため、近い将来なくなる可能性もあるでしょう。

分散型取引所(DEX)を利用する場合の注意点

実際に分散型取引所を利用する場合、個人のパスワードはしっかりと管理する必要があります。中央で管理している機関がないため、もし紛失してしまうと二度と復元できない可能性が高いのです。
実際、仮想通貨の世界は自己責任でなりたっている部分が大きいです。パスワードを紛失したり送金ミスをしたりしても、責任をおってくれる機関はないのです。

24時間365日稼働している分散型取引所(DEX)

ちなみに、分散型取引所の特徴として24時間365日稼働していることもひとつのポイントです。
中央管理取引所の場合は、管理する人が必要なため休暇時間もあります。土日は入出金ができなかったり、冬期休暇などを設けているところもあるのです。
しかし、分散型取引所であれば毎日いつでも取引が可能。フレキシブルに対応してもらえます。したいと思ったときに入出金ができるのは、世界を舞台に活躍するインターネットや仮想通貨の世界では大きな利点となりますね。

分散型取引所(DEX)のこれから

分散型取引所(DEX)は、非中央集権の取引所です。そのため、広告やキャンペーン、アフィリエイトなどがほとんど発信されていません。認知度が低いためユーザーも少ないのが現状です。
ですが、情報化社会が進むなかでハッキングなどのインターネットトラブルはどこで起きるかわかりません。そういった事件をきっかけに分散型取引所(DEX)の需要は大きく高まる可能性が高いです。仮想通貨の動きとともに、取引所の動向にも今後は注目していきたいですね。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る