COIN TOKYO

\722,670
BTC -0.05%
¥34,269
ETH -0.70%
¥38.29
XRP -1.54%
¥64,959
BCH -0.59%
  • 2018/02/09
  • コイン東京編集部

リブランディングを2週間後に控えたLisk!高騰となるか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Lisk/LSKはEthereum/ETHに似たdApps(分散型アプリケーションプラットフォーム)です。そのネットワーク上では新たなスマートコントラクトの開発ができます。このコインはイーサリアムと比較してより多くのメリットがあるので、イーサリアムの独占市場を脅かすと言われています。TRON/TRX、Stellar/XLMといった別のコインもまた同じ分類にあたるので既に過当競争にも思えます。しかし、Liskにはトップに立つのに十分なポテンシャルがあると報じられています。その記事を今回はご紹介します。

Liskは成長が早い

このコインは絶え間なく進化してきました。dApps市場は激戦状態です。そんな中でもチームは多くの優秀な人材を確保してきました。

頻繁に最新のウォレットをリリース

ウォレット以外の管理ツール等も 同様にリリース

開発の進捗が継続的に確認できる点は素晴らしく、リブランディングへ向けて開発が順調であると感じられます。

先週は世界で6番目に大きな取引所、Huobi.Pro にも上場しています。

LiskはJavascriptで開発できる

採用する開発言語はプログラミングの世界では非常に重要です。より簡単なインターフェースであるほど早く普及します。他の多くのコインでJavascriptは採用されてなかったので、多くのプログラマーやコミュニティを引き寄せています。

2月20日にリブランドを控えている

もしあなたがLiskホルダーなら既にご存知で、待ち望んでいる事でしょう。この通貨は全身まるごと変身する予定で、一切が謎のままです。約2週間後には名前やイメージは変更されて、まったく別の通貨を目にすることになります。

リブランドとは別に、Liskチームは「さらなる試作品のリリース」があると発表しています。こうしたニュースによって、多くの人が2月20日のベルリンでのLiskの動向に注目しています。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る