COIN TOKYO

\719,459
BTC +0.86%
¥32,138
ETH +1.36%
¥32.32
XRP -0.01%
¥58,085
BCH +0.38%
  • 2018/02/16
  • コイン東京編集部

2018年、ビットコインのギャンブル予測

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインはデジタル通貨であり、電子決済の手段でもあります。ビットコインも本質的に私的なものであり、匿名性を保証するものではありませんが、支払う側と受け取る側にとって、従来の通貨より保護されています。これらの理由から、世界中のオンラインギャンブルコミュニティはビットコインを早くから受け入れてきました。ビットコインの広がりは今すぐに収束する傾向ではありません。2018年にどうなっていくのかについて予測されていることがあります。

1、オンラインギャンブルで多用される

「ビットコインカジノ」というものをご存知でしょうか。ビットコインで入出金することができるオンラインカジノです。現在はこのようなカジノは珍しいため、特別な通常のオンラインカジノと呼び方が分けられていますが、2018年にはわざわざ呼び分けをしなくなるかもしれないようです。ほとんどのオンラインカジノがビットコイン取引を促進していき、これが標準となると予想されています。

2、ビットコインがギャンブル取引の大部分を占める

ほとんどのオンラインギャンブル取引は米ドルで行われていることをご存知でしょうか。便利なためですが、これが変わりつつあるようです。ビットコインが同じくらい便利になってきています。ドルの利便性は、ビットコインのプライバシー保護性やその他の利点によって相殺されます。

3、ビットコインが米国ベースの取引の80%以上を占める

プライバシーの利点は、米国のギャンブラーについては大げさなことではありません。現地の法律は世界のどこよりも厳しいものなのです。米ドルでの取引を止めてはいませんが、税負担とペナルティを課せられる可能性にさらされています。米国の法律改正はほぼ確実に行われるとみられていますが、2018年中に正式に制定されることはなさそうです。ビットコインの使用により問題から逃れることができるため、メジャーな通貨となると予想されています。

4、オンラインカジノのボーナスが大きくなる

すでにこれは起こっています。オンラインカジノはビットコインでの取引を推進したいようです。取引コストの削減やその他の理由により、「ドル」ごとにより多くの収益を得ることができます。カジノ側は、そのうちのいくらかを顧客に還元することによりビットコインの使用を促します。

5、ビットコインボラティリティ保護

ビットコインの潜在的な欠点があるとすれば、不安定であるということです。これは、特にビットコインがより広く普及するにつれて、時間の経過とともにそれ自体が機能するはずのものです。しかし、2018年までには起こりません。この時点でビットコインを試していないギャンブラーは、このボラティリティを懸念する可能性が高いようです。そのため、一部のカジノは、カジノ口座のビットコイン価格を保証することにより、このリスクを制限します。ボラティリティは長期的なリスクよりも短期的であるため、これが可能なようです。

6、より多くの国がビットコインに関する法律を見直す

米国、英国、EU、オーストラリアなどどの国かに関わらず、現在法律の制定へ向けての動きが始まっています。オーストラリアはすでに法律の見直しを進めており、ビットコインの手数料を定め、従来の銀行手数料の一部を回収できるようにしています。これらの新しい法律がどれほどの影響を与えるかはまだわかりませんが、取引手数料の節約による「4、オンラインカジノのボーナスが大きくなる」には間違いなく影響が出ると見られています。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る