COIN TOKYO

¥728,490
BTC +0.16%
¥22,965
ETH +0.22%
¥51.59
XRP -0.04%
¥49,648
BCH +0.16%
  • 2018/02/17
  • コイン東京編集部

アルメニアで仮想通貨マイニング合法の動き

このエントリーをはてなブックマークに追加
アルメニアは、仮想通貨規制に関して、ベラルーシのような国に続くかもしれません。新しく提案された法律は、国内の仮想通貨マイニングを合法化し、規制の基盤を示します。税務上の免除とその他のインセンティブはマイナーに与えられます。この法律が採択されれば、起業は許可なしでマイニング施設を持つことができます。これにより、間接的に仮想通貨取引が合法化されることになる見込みです。

アルメニア、合法化の動き

ビットコインのような仮想通貨マイニング規制の法案がエレバンの議会で提案されました。アルメニアの議員がこの法案を可決すれば、ユーロ圏経済連合(EAEU)の第2加盟国となり、仮想通貨への積極的な態度を示すと見られています。ベラルーシは、すでに仮想通貨の合法化、ICOの規制、マイナーの課税免除の方向で措置を講じています。

アルメニアで導入されたマイニングを合法化する法案の改正案はかなりリベラルです。アルメニアのすべての個人および企業は、施設の設立とマイニングの開始を許可される模様です。特別な許可またはライセンスは必要ありません。この草案では、マイナーが2023年12月31日まで課税対象から除外され、そのインセンティブは遡及的です。マイニング企業は優先関税のような利益を享受する可能性があります。

仮想通貨マイニングを合法化する動きの背後には、議会少数派メンバーのEdmon Marukyan氏の存在があります。「時代ともに変化するニーズ」によると述べています。野党との提携にも関わらず、同地域全体で同じ方向性があるため、「デジタルテクノロジー」法の設立が叶う可能性があるようです。

アルメニアの隣国ジョージアは、南コーカサス諸国間の仮想通貨合法化のパイオニアです。ブロックチェーン技術の実装は、民間と公共の両方で数年間拡大しています。南コーカサス最初のビットコインマイニングファームはジョージアに設立され、2016年以来、国の土地登録はブロックチェーンで維持されています。


ユーラシアの動き

アルメニア政府は仮想通貨合法化の便宜性に疑問を抱いており、エレバンはすでに懸念を共有しています。中央銀行は規制前のビットコイン使用を警告する声明を発表しました。同銀行は3年前に「法的には、仮想通貨は電子マネーではない」と述べました。仮想通貨とユーザー保護の「排出と循環」を研究することを約束しました。「明確な国際的アプローチの欠如」にも言及しました。

ユーラシアデイリーが引用した専門家によると、現在のコントロールメカニズムが不十分であると認識しているため、アルメニア当局は警戒しているとのことです。政府機関の弱点や紛争地域への接近は、マネーロンダリングやテロ資金調達などの不正行為に仮想通貨が使用されるリスクを高めます。

しかし、アルメニアはそのような懸念を振り払っているように見えます。最近、政府のシンクタンクが異なる州のレジスタをブロックチェーンに配置するように提案しました。1月に、分散型台帳アプリケーションを開発する新興企業のための経済圏を創設する企画が発表されました。

ユーラシアは変化の時であり、ユーラシア経済連合全体で仮想通貨を迎えようとしているようです。仮想通貨導入の先駆者であるベラルーシは、ビットコイン関係の活動全体を合法化する準備を進めています。仮想通貨、ICO、スマートコントラクトについての大統領令が3月末までに発効される見込みです。

ロシアでは、財務相がすでに「デジタル金融資産に関する法律」の草案を発表しています。ドミートリ―・メドベージェフ首相は最近、他のEAEU諸国とともに取り組む必要性を強調し、仮想通貨規制への共通のアプローチを求めました。政府の指導者たちが先週会ったカザフスタンと加盟国でもあるキルギスタンは、仮想通貨マップ上に踏み出しました。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る