COIN TOKYO

  • 2018/02/17
  • 2018/02/17
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

仮想通貨価格に回復の動き

ビットコインも2月に初の10,000ドル突破

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨市場の回復は2月15日に続き、トップ100のほぼすべての仮想通貨において米ドルに対して値上がりしました。ビットコインの価格は2月1日以来初めて10,000ドルを突破しました。一方、リップルは送金サービス会社ウェスタンユニオンがパイロットプログラムでXRPの統合を試行しているという驚くべきニュースが急に持ち上がりました。

一時的に仮想通貨の時価総額は4,750億を超えましたが、2週間続いたのち、4,716億ドルに戻りました。

ビットコイン 10,000ドル

2月15日にビットコインは評判に反して6%の成長を発表し、2月に入ってから初めて10,000ドルの値上げをしました。しかし、これまでのところ、フラッグシップ仮想通貨はその壁を突破し、その日の早い段階で9,946ドルに上昇し、現在は9,860ドルで取り引きされています。ビットコインの現在の時価総額は1,668億ドルで、市場シェアは35.3%まで上昇しました。

イーサリウム 950ドル

イーサリウムの価格はビットコインの回復に加わりましたが、その幅は同じではありませんでした。現在、イーサリウムはビットフィネックスで935ドルで取り引きされており、これは24時間で約4%の増加です。これにより、イーサリウムは918億ドルの時価総額となり、これは市場シェアの19.5%を占めています。

アルトコインは不規則

アルトコインの動きはほとんどがドルに対してプラスの動きでした。しかしその動きは不規則であり、かなりの数が指数から遅れていました。

リップルの価格はトップ10に入りました。最高7%の成長がありました。これは主に送金サービス会社ウェスタンユニオンが新しいブロックチェーントライアルでXRPの統合をテストするという噂を認めたことに起因しています。

一方、ビットコインキャッシュとビットコインステラは、約1.5%の利益であり、指数に後れを取っています。

5位のライトコインは、さらに6%上昇し、価格は220ドル、時価総額は121億ドルとなりました。その最も近い競争相手であるカルダノは4%上昇しましたが、まだ5位の座を奪うことはできていません。

第8位のNEOは、800億ドル以上の時価総額には不十分でしたが、3%上がり122ドルとなりました。IOSの価格は10ドルの壁を突破するべく3%上がり、IOTAは3%増えて2.05ドルを記録し、トップ10入りを果たしました。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る