COIN TOKYO

  • 2018/02/19
  • 2018/02/19
  • コイン東京編集部 新崎優太

【ジョージ・ソロス】Facebookの株を投げ売って、仮想通貨市場に行く

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソロスの投資ファンドがOverstock.comの株式を大量購入したと、CNBCが報じています。Overstockは2014年以来ビットコイン支払いを導入した電子商取引会社であり、子会社のtZeroは、9月に金融サービス会社RenGen、Argonと提携しました。また、新しい取引システムを開始すると共に、ICOの発表も行いました。発表後、株価は直ちに200%以上上昇したのです。

米国証券取引委員会(SEC)が発表した規制文書によると、2017年の第4四半期末に、同ファンドはOverstock.com の2,272,188株式を保有しており、12月の最終取引日には1億5,797万ドルまで価値が上がりました。今月2月14日の取引終了時には、価値は1億4,772万ドルにまで下がりました。

同レポートはまた、ファンドが第1四半期末に1930万ドル相当のFacebookの株式を109,451株売却し、前四半期には367,262株を売却したことを報じています。

世界の最も成功した投資家の一人である、ジョージ・ソロスは1969年にSoros Fund Managementを設立しました。2010年には、ヘッジファンド業界で最も収益性の高い企業の1つであり、40年間続けて年間平均20%の収益率を叩き出しています。

今年ダボスで開催された、世界経済フォーラムで講演したソロス氏は、ブロックチェーンが非常に可用性の高い技術だという見解を示しています。

参考:
https://cryptonews.com/news/george-soros-dumps-facebook-goes-for-crypto-1219.htm

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る