COIN TOKYO

  • 2018/02/19
  • 2018/02/19
  • コイン東京編集部 新崎優太

【海外報道】ビットコインの価格は2018年末までに2倍になる

このエントリーをはてなブックマークに追加
世界中のアナリスト達の考えは、ビットコイン価格に関して二分化されています。ビットコインの価値は、今後12ヶ月で2万5千ドルにまで上昇する可能性が高いと、いくつかのベテランアナリストは述べているようです

ビットコインの価格はどうなるか

ビットコインと他の仮想通貨は、2018年初頭に大きな価格下落を経験しました。ほとんどの市場は数週間でその価値の50%近くを失ってしまいました。多くの人々が、この下落によって仮想通貨市場は終わりに近づいていると懸念しています。ですが、そんな予測に煩わされることは必要ありません。ニューヨークに拠点を置くアナリスト兼コンサルタントのトーン・ベイズ氏は、今後のビットコイン価格について前向きにとらえているのです。

ベイズ氏の考えでは、市場が再び安定し始めると、どれくらいまで価値があがるかについては分かりかねるが、ビットコイン価格は早期に回復するであろうと述べています。
現段階では、価格が6桁に達することは事実上不可能であることがわかります。今年末までに2万5千ドルというビットコインの価格目標はベイズ氏の書籍に記載されています。別の有名なビットコインの有識者であるロニー・モアス氏も同じように考えています。彼の予測では、ビットコインの価格は2018年のどこかで2万8000ドルになるとしています。

その前向きな見解は、勿論業界全ての人々が支持するものではありません。金融コンサルティング会社、Meraglimの戦略ディレクター、ジェームス・リカード氏は市場に対して非常に弱気です。強気、弱気の両面からの見解を常に天秤にかけることが必要です。リカード氏によると、ビットコインの現在の評価額は依然として高すぎるとしており、仮想通貨の投機的な性質を考えると、市場はどちらの方向にもぶれることとは明らかです。リカード氏はこうも付け加えます
「皆が今年度の目標値をどのように設定して、正当化しているかはわかりませんが、私はビットコインは200ドルになった後に、すぐに反転して下洛すると考えています。」
ビットコイン先物と韓国ビットコインに関していえば、いくつかのポジティブなサインもあります。CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)によると、ビットコイン先物への関心が高まっていることが見てとれます。現在の2018年2月の取引数量は1,101で、先週として2番目に高い数字です。これは人々がビットコインの価格が高くなるだろうと強い予測をしていることを示しています。
一方、CBOE(シカゴ・オプション取引所)では4,225の取引数量が見てとれます。これら数量はまだ少ないのですが、数週間前と比べると明らかに増えています。両社の5日間の平均取引数量は増加していますが、それが必然的にビットコイン価格の上昇につながるものではありません。

最後に、韓国の事情について話しをすると、強い規制発表の数週間後、ビットコインのプレミアム価格が上昇しています。これは多くの場合、市場の流動性は低下しているので、人々はビットコインに、より多くの支払いを余儀なくされた結果です。BithumbとUpbitはビットコインをほぼ11,400ドル付近で取引しています。
米国、欧州では今のところ900ドルから1,000ドルの間の価格で取引されていますが、このような価格の不一致は以前から存在していました。この価格不一致が以前に起こったときには、ビットコインのグローバルな価値は19,000ドルまで急上昇しました。この点で歴史は非常によく繰り返されるものだと言えます。

参考
https://www.newsbtc.com/2018/02/18/bitcoin-price-will-double-end-2018-says-researcher/

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る