COIN TOKYO

\719,459
BTC +0.86%
¥32,138
ETH +1.36%
¥32.32
XRP -0.01%
¥58,085
BCH +0.38%
  • 2018/02/18
  • コイン東京編集部

日本国内でも仮想通貨取引所でBTCの値段が違う➡︎利益のチャンス

勘違いをキッカケにアービトラージを知りました

このエントリーをはてなブックマークに追加
サヤ取りって有名なんですか?
先週後半に、ビットコインが遂に一つの節目である1,000,000円を超えて安心したBTC所有者の方もいらっしゃると思います。実はその時に、複数の取引所を比べるとビットコインの金額に差があることに気がつきました。腰を据えてやるなら、差額で利益も出そうです。(当たり前だと言う方もいらっしゃるかと思いますが)そんな記事です。

きっかけは先週のニュースで
「仮想通貨ビットコインは15日、1万ドルの壁を超えることなく後退しました。他の仮想通貨も追随した形です。ビットコインはロンドン時間午前11時43分現在3.1%高の9573ドル。1万ドルにあと0.3%と迫ったところで上げが止まりました。(以下略)」
と報じられていたのを見たことでした。

指値で1,050,000でBTCを売れるのを待っていたので、このニュースを見て自身のビットフライヤーを確認しました。

暗くてわかりにくいですがビットフライヤーのチャートです

画像の15日のところ、「1,087,965」がロウソクの頂上になっています。

途中で気がつきました。ニュースはドルで報じているから、円での感覚で読んでは間違ってしまうことがあるんですね。。

ただ、せっかくなのでコインチェックのチャートも確認してみました。


白地の折れ線グラフがコインチェックのBTCのチャートです。2月15日でのピークは17:00頃の「1,016,941」でした。おおよそ70000円の差がありました。
コインチェックは1月26日以降まだ日本円の出金を再開したばかりです。
コインチェックとビットフライヤーの差額を今後に使えるかは不透明ですが、
DMMのBTCチャートも確認しました。

DMMさん、あまりチャートには力を入れていない印象です

すみません、DMMビットコインのチャートはあまり詳細ではなくて参考になりませんでした。。

言いたかったのは、安い取引所で仮想通貨を購入し、高い取引所で売却したら差額を利益にできる!ということです。
この方法はアービトラージと言って株やfxでは昔からある手法の一つだそうです。(知りませんでした。)

この手法のメリットは
・ちゃんと調べて売買したら利益になる
・価格差があればすぐにトレードできる
・分析など事前に研究する必要がない
といったところでしょうか。
何より、仮想通貨初心者でもできるやり方です。

てぃなちゃん

#BTCスプレッドアラート Zaif(高)とcoincheck(安)の価格差がXXXXXX円になったわよ!! はやくサヤ取りしなさいよ!!

↑Twitterのてぃなちゃんは、BTCの価格差が生まれたときに自動でつぶやいてくれるアカウントです。Twitterでは特定のアカウントがつぶやいた時にだけ通知してくれる機能がありますので、てぃなちゃんをフォローし、設定しておけば、わざわざ画面にじっと張り付いている必要もなく、設定方法も簡単にできますので、試してみる価値はありそうです。

※2018年3月5日追記:最近はコインチェックとの価格差が頻繁に上がっているので、利用しにくい情報かもしれません。。

また、日本の取引所と比べて海外の取引高が高いところでもやはりBTCに限らず価格差が生じるのでそちらと合わせてアービトラージをすることも可能です。
ただ、考えられるデメリットとしては
・時間差での売却までに価格変動リスクが生じる
・大きく儲けたい方には向かない手法
・手数料によっては儲けが出ない

なども挙げられますので、せっかちではない方、細々した利益の取り方を好む方
いかがでしょうか。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る