COIN TOKYO

  • 2018/02/21
  • 2018/02/21
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

ミステリートレーダーが約370億円分購入してビットコイン上昇との噂が

このエントリーをはてなブックマークに追加
(RT Business News)ビットコインの価格は、ある投資家が2月9日から2月12日にかけて約370億円(3億4,400万ドル)相当のビットコインを購入したというニュースの後、18日から急上昇しています。この購入に先立ち、規制とセキュリティ面での懸念が高まっているとの見通しの中で、仮想通貨市場価値の50%以上に相当する巨額の売却が行われました。

2月初旬に6,000ドルと最低値を記録して以来、仮想通貨トップのビットコインが2月20日に11,500ドルを超える回復をみせました。

ビットコインは12月には2万ドルだったのが2月4日には6,000ドルを下回りました。しかし、巨額買収のニュースの後、他の投資家たちが資金を投入しました。

Tetras Capitalの設立パートナーであるAlex Sunnarborg氏はMarketwatch氏の言葉によると、「この巨額購入したのが誰なのかはわかっていませんが、米国とアジアでのリバウンドと追加的な帰省の明確さのため、多くの人がこの下落で購入しています」と述べたそうです。

Coinmarketcapの100のリストの仮想通貨の80%以上は2月19日より高い値で取引されていました。2番目に大きい仮想通貨とICO最大のプラットフォーム、イーサリアムの創設者であるVitalik Buterin氏は、「デジタルマネーは依然として危険な資産である」と警告しています。

―注意:仮想通貨はいまだに新しくて不安定な資産であり、価値がゼロになる可能性もあります。安全性でいえば、まだまだ従来の資産が勝ります― Vitalik Buterin氏

「金」より「ビットコイン」の検索が多い

過去のデータによると、「ビットコインを買う」は、2008年の金融危機において資産を守るために人々が我先に金を購入した時の「金を買う」の3倍の検索されているそうです。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る