COIN TOKYO

  • 2018/02/21
  • 2018/02/21
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

カナダ銀行、仮想通貨に安全な金庫を提供

このエントリーをはてなブックマークに追加
(CNN)資産の面でカナダ最小の銀行、VersaBank Inc.は、6月までに利用可能なデジタル金庫を用意することによってデジタル資産セキュリティのニーズに対応しようとしています。

同行は最近、Blackberry Ltd.のサイバーセキュリティの専門家だったGurpreet Sahota氏を雇いました。ブルームバーグによると、同氏はデジタル資産をコンピューターサーバーに格納する「VersaVault」の設計の監督をするようです。

VersaBankのCEOであるDavid Taylor氏は、ほとんどの人々の資産は、契約、証書または仮想通貨のような、ある種のデジタルフォーマットに含まれていると述べています。

安全な保管場所

VersaBankは金庫の中身にアクセスすることも、中身について知ることもできません。Taylor氏によると、空ける方法がないということは、プライバシーが確保できているということのようです。

VersaBankは、デジタルセキュリティの必要性に応えています。これは、最近日本で起きた仮想通貨取引所コインチェックから5億ドル以上の仮想通貨流出事件を受けて注目されている分野です。ハッカーは通常、インターネットに接続されたウォレットを通じて仮想通貨取引にアクセスします。

テイラー氏は、大規模な資金が先月発表されて以来、VersaVaultに資産を保管することに関心を示しているそうです。このサービスの価格は決定していませんが、高額になる見込みのようです。

米国の銀行のいくつかは、セキュリティ上の懸念を理由に、クレジットカードでの仮想通貨購入を取り扱わないと発表しています。

デジタル資産セキュリティの取り組み

VersaBankがデジタル資産セキュリティの必要性への対応を始めた最初の企業というわけではありません。


Xapo Inc.は、約4年間、安全なビットコインストレージを提供しています。

トロントに本拠を置き7カ国の金庫で貴金属を購入、販売、保管するサービスを展開しているGoldmoney Inc.は、9月にビットコインストレージサービスを開始しました。

韓国の新韓(しんかん)銀行は、11月中旬にビットコインストレージを新設する意向だと述べました。

パイオニア

Taylor氏は、INGグループがINGダイレクトとして電話バンキングを提供する4年前に、1993年にカナダにブランチレスバンキングを導入しました。

VersaBankは、ブローカーからの預金を集め、銀行以外の金融会社からローンやリース債権を購入するブランチレスエレクトロニックモデルで経営されています。また、小売業や中小企業向けに資金を提供するためにパートナーと協力しています。

VersaBankの市場価値は約1億2,600万ドルで、80名の従業員を有し、カナダの大手銀行を上回っています。同社のシェアは、8社のS&P / TSX商業銀行インデックスの2.9%の下落と比較して、今年24%上昇しました。

昨年のVersaBankは銀行インデックスの11%増と比較して19%上昇しました。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る