COIN TOKYO

  • 2018/02/21
  • 2018/02/21
  • コイン東京編集部 新崎優太

ベネズエラが世界初となる国家独自の仮想通貨ペトロを発行! なんとペトロにはNEMの技術が使われている!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年2月20日に、南米に位置するベネズエラが、国家として独自の仮想通貨「Petro(ペトロ)」を
発行する事を発表しました。この仮想通貨は、同国の石油資産によってその価値が担保されるとされていますが、現時点では詳細に関しては不透明です。国家の独自通貨は、様々な国で開発が進められているとされていましたが、公式に発行されるのは世界で初めてです。仮想通貨界にとって歴史的な日となるかもしれません。

また、その仮想通貨「Petro(ペトロ)」では、日本国内でも人気を集めている仮想通貨「NEM」の技術が使われているとして、話題になっています。以下はNEM公式アカウントからのツイートです。



"NEMのテクノロジーは、この技術を使用したい個人や組織に自由に公開しています。NEM財団は誰の推薦も受けていません。私たちはベネズエラ政府がNEMブロックチェーンを使用しようとしていることを確認いたしました。"

NEMはベネズエラと直接提携などを行っているわけではありませんが、NEMの技術はオープンソースになっていて、今回Petroの開発チームはその技術を用いた模様です。

Petroは世界初の国家独自通貨になるので、今後の進捗に世界中から注目が集まっています。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る