COIN TOKYO

¥737,431
BTC -0.04%
¥23,373
ETH -0.03%
¥50.03
XRP -0.20%
¥51,336
BCH -0.13%
  • 2018/02/22
  • コイン東京編集部

DASH・ステラも参加予定!ニューヨーク市が世界最大規模の「Blockchain Week」を開催

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニューヨーク市は、5月11日から5月17日にかけて「ブロックチェーンウィーク」の開催を発表しました。メディア企業CoinDesk社とニューヨーク市経済開発公社(NYCEDC)が運営しています。

ブロックチェーンウィークの目玉は、コンセンサス(CoinDesk社が毎年主催する仮想通貨イベント)であり、就職フェアとハッカソンも企画されます。

NYCEDC副社長Anthony Hogrebe氏は、ニューヨークに多くの仮想通貨を集めたいと考えています。「目標は、ニューヨーク市がブロックチェーンの世界的な首都を目指すという明確なメッセージを示すことです。そのために企業への協力・サポートをしていく姿勢をアピールします。ニューヨーク市には既に大きな存在感があると思いますが、これは新興市場です。我々が旗を掲げて戦略的な投資をしなければ、ニューヨーク市は重要な市場を失う可能性があります。」

ニューヨーク市のブロックチェーン関連雇用の需要は、現在、サンフランシスコのベイエリアよりも高いと、分析企業バーニンググラス社は指摘しています。2015年には、ベイエリアはニューヨークの93に対し250ポイントの求人需要がありました。しかし、2017年11月現在、ニューヨークはベイエリアの662に対して745ポイントとなっています。

仮想通貨業界の戦場は世界的に拡がっており、韓国、日本、ヨーロッパのような場所で盛り上がっています。ロンドンは先月、独自のブロックチェーンウィークを開催しました。CoinDesk社CEOのKevin Worth氏は次のように述べています。「どの国が中心になるか、まだわかりません。ニューヨーク市にもイノベーション企業を惹きつけるチャンスがあります。」

100社以上の企業が同イベントを協賛しています。就職フェアは5月16日の午後に開催され、一般客は無料で参加できます。仮想通貨ダッシュや仮想通貨両替所ShapeShiftの他、デロイト社、アクセンチュア社といった組織が参加します。アクセンチュアは、Corda、Fabric、Sawtooth Lakeなどの分散型台帳技術(DLT)の経験を持つ開発者を採用する予定です。また、アクセンチュア役員のSean Conway 氏は、「コンサルティング企業はDLTを理解し、顧客のコンサルティング、変革業務を推進できるビジネス戦略担当者を探しています。」と語りました。

CoinDesk社のWorth氏は今年のコンセンサスは昨年の2倍の規模で過去最大の4,000人から5,000人の参加者が集まると見ています。「このイベントは、世界で最も大きく、かつ最も有名な暗号通貨集会です。」

TwitterとSquareのCEO Jack Dorsey氏、RippleとStellarの共同設立者Jed McCaleb氏やBitMEXの創業者Arthur Hayes氏といった業界の大物もスピーチを行う予定です。Squareでは最近、P2P決済アプリでビットコインを売買できるようなりました。分散型システム構築についても企画している事があるようです。CoinDesk社のCEOによると約250人のスピーカーを招く予定だという事です。

参考:
https://www.forbes.com/sites/jeffkauflin/2018/02/21/with-its-first-ever-blockchain-week-new-york-city-aims-to-become-global-epicenter-of-crypto/#63ed16f66165


仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る