COIN TOKYO

¥872,649
BTC -0.12%
¥19,130
ETH +0.16%
¥27.22
XRP -0.17%
¥26,502
BCH -0.24%
  • 2018/02/23
  • 2018/02/23
  • コイン東京編集部 新崎優太

「マドゥロ大統領が4月の選挙で負ければ、仮想通貨ペトロは違法になるだろう」 ハリー・コルビンがベネズエラの仮想通貨ペトロを批判

このエントリーをはてなブックマークに追加

国家独自通貨として始めて発行されたベネズエラの仮想通貨『ペトロ』は、ICOプレセールで
既に7億3500万ドルを調達しています。日本円にすると約800億に近い金額です。
(またこのペドロには、NEMのオープン技術が使われている事も話題となりました。)

マドゥロ大統領は更に、新しい仮想通貨『ペドロゴールド』の発行も決定しました。この新しい仮想通貨は金が担保とされる仮想通貨でして、大きな話題を呼んでいます。そしてベネズエラの各機関に『ペトロ払い』の指示を出すなど、最近の仮想通貨関連の動きは非常に激しいです。

しかし、そんな勢いのあるベネズエラですが、懐疑的な声が多くあるのも事実です。

ハリー・コルビン「ペトロが成功するかは疑わしい」

ロングビュー・エコノミクスのハリー・コルバン氏は、CNBCに対し以下のように述べています。

「ペトロが成功するかは疑わしい」
「ベネズエラは過去に、資産の横領をしている」
「中央銀行はハイパーインフレを起こしたばかり」
「信頼と透明性に問題がある」
「マドゥロ大統領が4月の選挙で負ければ、ペトロはおそらく違法になるだろう。」

そして著名なエコノミストであるケイトー研究所/財団シニアフェローのスティーブ・ハンケ教授も、以下のようにペトロを糾弾しました。


「ベネズエラの伝統的な通貨が崩落したにもかかわらず、ペトロが確立した通貨になると投資家が信じると思いますか?ペトロはマドゥロによる無謀なお遊びにすぎません。」

ペトロには依然、賞賛と批判が入り交じり、非常に混沌としたニュースが続いています。
投資を考えられている方は、ニュースを注視する必要がありそうです。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る