COIN TOKYO

\715,707
BTC +0.12%
¥32,132
ETH -0.84%
¥37.32
XRP -0.21%
¥60,590
BCH -0.81%
  • 2018/02/27
  • コイン東京編集部

仮想通貨のマイニングPoW・PoS・PoI・PoCにはどんな違いがあるの?必要PCスペックや電気代も大きく変わってくる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
マイニングにも色々なアルゴリズムがあります。
今回はそのアルゴリズムの中でも、主要な4つのアルゴリズムについて紹介させて頂きます。それでは、一体どんな違いがあるのでしょうか。

ブロックチェーンの分散台帳のシステムでは、一つ一つの取引が不正なく正常に行われているかについて、第三者による確認作業が必要です。1つの取引台帳を複数のサーバーに分けて保存しており、取引の度にその取引内容を確認し、正しいと認められた取引を台帳に記録し、ブロックを完成させていくという仕組みです。

この記録方法にはメジャーな種類が4つあり「PoW」「PoS」「PoI」「PoC」です。

仮想通貨取引は中央集権取引ではなく非中央集権システムなので、特定の組織や人が管理していません。

そして基本的には、マイニングを行ってくれた人に対して報酬があります。報酬は新しく発行された仮想通貨で支払われ事がほとんどです(例外もあり)。

PoWとは

名称:Proof of Work(プルーフ・オブ・ワーク)

最も速く、正確にマイニングを行うことができるノード(マイニング機器)を選定し、マイニングを行います。マイニングをする為には計算能力の高いパソコンを所有している必要があり、消費する電気代も非常に高額になります。さらに、最も速いノードを選ぶ作業に時間がかかり、その他のノードに関しては切り捨てられてしまうので無駄が生じてしまいます。そのため、高額な設備への投資が可能な人や企業にマイニング利権が集中してしまうというデメリットがあります。

PoSとは

名称:Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)

通貨をより多く保有している人に、優先的にマイニングの権利を与えてくれる仕組みです。PoSには2通りの選定方法があります。一つは通貨の保有期間と保有量で選ぶ方法、もう一つはランダムに選ぶ方法です。後者は選ばれる確率を、 通貨の保有量で決めています。

PoSのメリットは、PoWのように高度な計算処理を必要とせず、電力もあまり消費しないので、とても省エネルギーです。しかし、マイニングをするために通貨をより多く保有する必要があり、その通貨の流動性が低くなってしまうことや、先行者利益を得た人にマイニング利権が集中することが問題として挙げられています。

PoIとは

名称:Proof of Importance(プルーフ・オブ・インポータンス)

代表的な通貨は、NEM(ネム)です。その通貨に関わる「重要度」が高い人に、取引の承認をする権利を与える仕組み です。つまり通貨の保有量だけでなく、通貨の取引量で決定されます。ただ通貨を保有しているだけでなく、流通させることで権利がもらえるということですね。しかし、ある程度保有量が必要となりますので、どうしても財力のある人に権利が集中してしまう可能性が高いという問題点があります。

PoCとは

名称:Proof of Consensus(プルーフ・オブ・コンセンサス)

代表的な通貨は、Ripple(リップル)です。 こちらは事前に信用力が高い人に承認する権利を与える仕組みです。 あらかじめ承認する人が決まっているため承認スピードがとても速いです。しかし裏を返せばあらかじめ承認する人が決まっていることによって、世界中の不特定多数の人に、承認する権利が行き渡らず、特定の人が管理支配することになってしまうため、これでは中央集権と同じでブロックチェーンの意味をなしているかどうかという声があるのも事実です。

POW・POS・PoI・PoCの違いまとめ

いかがでしたでしょうか。。マイ二ングを視野に入れて通貨を購入する際には、以上のことを良く確認してから購入するとよいでしょう。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る