COIN TOKYO

¥637,619
BTC -0.07%
¥20,374
ETH -0.09%
¥54.11
XRP -0.30%
¥47,556
BCH -0.40%
  • 2018/02/28
  • コイン東京編集部

SBI Virtual Currencies(SBIバーチャルカレンシーズ仮想通貨取引所)の口座開設が延期!いつから始まる?手数料などは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
SBI Virtual Currencies 公式HP
SBI Virtual Currencies(SBIバーチャルカレンシーズ)の仮想通貨取引所での口座開設スタートが延期された模様です。

2018年2月27日SBI Virtual Currencies(SBIバーチャルカレンシーズ)より公式発表がありました。

以下ホームページより

“多くのお客様よりサービス開始へのご期待をお寄せいただいておりますこと、厚く御礼申し上げます。
本年2月中に、先行予約での優先口座開設を完了いただいたお客様へ取引に必要な書類の郵送を開始する時期と、一般のお客様からの口座開設申込の受付を開始する時期をお知らせする予定でしたが、時期を延期させていただきます。
当社では、一層の安全性が望まれている仮想通貨交換業者の利用者保全において、セキュリティ対策や預り資産の管理方法、顧客管理態勢のさらなる強化に、一定の時間を要すると判断いたしました。
お客様をお待たせし大変恐縮ですが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。”

ホームページによると、開業時期に関して特に記載されていませんが、各報道には今夏までの開業を目指していると報じられています。

金融庁の動向や、3月開催の主要20カ国・地域財務相・中央銀行総裁会議(G20)で議論される見通しの仮想通貨に対する規制内容、各国の対応などを踏まえ開業時期を決めると予想されます。

SBI Virtual Currencies(SBIバーチャルカレンシーズ)は、SBIホールディングス株式会社が運営する仮想通貨取引所で、2017年5月12日にウェブサイトが公開されました。

当初、2017年8~9月頃取引可能と予想されていましたが、近年多発する交換所に対してのセキュリティ問題への対策問題で、まだ取引をする状態まで至っていません。

2017年9月29日に金融庁の仮想通貨交換業の登録を終えていまして、SBIホールディングス株式会社はSBIネット銀行・証券所も手掛けていることから、金融に関し他の取引所より信用性が高いと見るユーザーも多く、SBI Virtual Currencies(SBIバーチャルカレンシーズ)での取引を心待ちしている方も多数います。

また2017年12月7日、親会社のSBIホールディングス株式会社が中国を中心としたアジア地域で仮想通貨関連事業を展開するHuobiグループとの資本および業務提携に関して基本合意をしています。様々な角度で仮想通貨、ブロックチェーン界に参入しています。

現段階でSBI Virtual Currencies(SBIバーチャルカレンシーズ)にて取り扱われる通貨は

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ビットコインキャッシュ(BCH)

4種類の通貨とされています。

また、SBIホールディングス株式会社は2018年度中に国内最大規模のICOで500億円の資金を調達予定しています。発行の有力候補として検討しているのは2種類で、一つはトークン保有者が保有量に応じて中間待ち株会社傘下の企業が提供するサービスを無料または好条件で利用出来るようにする。もう一つは知的財産を含む【資産に裏付けられたトークン】で対象企業が持分売却により利益を得た場合などにトークンの保有量に応じて、売却益の一部を分配することも検討している模様です。

仮想通貨に今以上の普及を求めるためには、セキュリティ問題の解決が必要でしょう。
ウェブ公開から約9ヶ月経つSBI Virtual Currencies(SBIバーチャルカレンシーズ)の取引開始には、沢山のユーザーから期待されています。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る