COIN TOKYO

\719,459
BTC +0.86%
¥32,138
ETH +1.36%
¥32.32
XRP -0.01%
¥58,085
BCH +0.38%
  • 2018/03/03
  • コイン東京編集部

仮想通貨ビットコインはテロ資金に利用される「巨大なポンジスキーム」―英貴族院ダイアン・アボット議員

このエントリーをはてなブックマークに追加
Shadow Home秘書は、労働党は仮想通貨を規制すると述べています。

仮想通貨ビットコインはテロに資金を供給しており、労働党は規制予定であるとダイアン・アボット議員は語りました。

Shadow Home秘書は、デジタル通貨を「巨大なポンジスキーム」であると説明しました。簡単に崩壊する恐れがあり、財務相はその広がりを抑えようとしているそうです。

アボット議員はまた、The House Magazineのインタビューにおいて、ドラッグとの戦いには「失敗」したが、労働党は娯楽目的の大麻の非合法化には賛成していないことを強調しました。

ビットコインは2009年の世界的な金融危機の後に作成され、暗号化技術を使用して通貨の単位を生成し、送金の確認を行います。中央銀行から独立して運営されています。

―われわれはビットコインの問題を見ています。その1つは、ビットコインはただ巨大なポンジスキームにまで広がったことです。誰もがビットコイン支払いで車を購入しようとすれば、すべてが崩壊するでしょう。そのため、ビットコインがポンジスキームであることにも懸念を抱いていますが、テロ資金になっている可能性についてはさらに心配をしています。ビットコインの問題のいくつかを解決するために最善を尽くす人々は、実際には財務省や銀行部門の人々だと思いますが、それ以上のことは言えません― ダイアン・アボット議員

労働党がビットコインを取り締まるかどうかについて尋ねられたアボット議員は、労働党全体が金融サービスの適切な規制を持つことが重要だと考えていると答えました。2008年の崩壊を招いた金融サービス規制は貧弱で、明らかにビットコインを規制することは新たな規制に加えられると説明しました。

―概して、金融サービスの規制に懸念を抱いています。イングランド銀行のマーク・カーニー総裁も仮想通貨を規制する必要があるかもしれないと示唆しています。仮想通貨アセットのエコシステムも、他の金融システムと同じ基準にする時がきました― ダイアン・アボット議員

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る