COIN TOKYO

¥727,768
BTC +0.22%
¥22,816
ETH +0.32%
¥50.85
XRP +0.24%
¥49,040
BCH +0.52%
  • 2018/03/07
  • コイン東京編集部

GMOの仮想通貨マイニング報酬は約2.9億円!他の国内マイニング事業の動向は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨のマイニング事業に、世界各国で大手企業が参入し始めています。マイニング事業で得た報酬は幾らほどになるのでしょうか。また他の国内マイニング事業の動向もチェックしてみたいと思います。

GMOインターネット株式会社

GMOインターネット株式会社は、2015年頃からマイニングに関し研究しており、代表は「マイニングで勝つためには、半導体チップを開発しないといけない」と述べるなど、ビットコインのマイニング専用ASICの開発と拡販にも乗り出しています。

2017年12月20日にて、欧州法人を通じて仮想通貨のマイニング事業を開始。PC冷却を行うための安定した電力の確保、再生可能エネルギーの豊富な北欧にマイニングセンターを設置したことにより、低電力の稼働環境を実現しています。

2018年1月22日に高性能なマイニング用コンピューター【次世代マイニングボード】を実現するべく、半導体設計技術を持つパートナー企業とともに研究開発を進めていると発表。

2018年2月9日には、【クラウドマイニングサービス】を2018年8月に予定し、【Z.com Cloud Mining】の事前申し込みを受け付けるとともに、2018年3月から世界9都市でサービスの事前申し込みおよび説明会を開催する予定だそうです。

クラウドマイニングサービスについてGMOは「ご利用いただいている設備でマイニングに成功した場合、マイニングの報酬をお受け取りできるサービス。マイニングを行うための大規模な設備投資・運用が難しい個人や事業者でも、マイニングに参加していただける内容を検討」とコメントしています。

3月5日に報道関係者に対し、仮想通貨マイニング事業の月次報告が上げられました。
既に総額3億近くの報酬を得ています。

株式会社DMM.com

2017年9月7日DMMは仮想通貨のマイニング事業である【DMMマイニングファーム】の運営を10月から開始すると発表致しました。2018年にはトップ10に入る規模、将来的にはトップ3に入る規模での運営を計画しているそうです。

2018年1月4日に仮想通貨マイニングマシンの研究開発チーム【DMMマイニングラボ】を新設したことを発表。最新のマシンからすでに出回っている製品までを研究し当面は一台あたりのマイニングマシンの機能を高めていく方針で、マシンメンテナンスのプロが日々試行錯誤を繰り返しているそうです。将来的には独自のマイニングマシンの製造も検討。

2018年2月9日、DMMは石川県金沢市にて仮想通貨の大規模マイニングファームの運営を開始したことを発表致しました。同年3月に1000台規模のマシンが稼働するマイニングファームをショールーム化し業界関係者、一般の方にも予約制にて見学を受け付ける予定だそうです。庫内ではフロア全体にマシンが並び、隣にいる人との会話もままならないほどの稼働音が聞こえるそうで、一般消費者が気軽に見学できる世界的にも珍しい施設だそうです。

日本の設置はあくまで広告塔という位置づけらしく、今後海外でファームの立地を選定しマシンを増やしていくとのことです。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る