COIN TOKYO

¥363,079
BTC -0.58%
¥9,473
ETH -0.55%
¥32.38
XRP -0.54%
¥7,831
BCH -1.15%
  • 2018/03/07
  • コイン東京編集部

【金融庁】コインチェックを含めた複数の仮想通貨交換業者を処分か?今週にも発表の見通し

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本経済新聞によると、金融庁が仮想通貨交換業者を一斉に行政処分すると報じました。

すでに金融庁は最終調整に入っており、一部の業者には業務停止命令も検討しているとの事です。金融庁はコインチェック取引所のNEM不正流出事件以来、様々な取引所に対して立ち入り検査を行って来ました。そこで、顧客の保護の体制や、マネーロンダリング、更にはセキュリティ面の体制が不十分だと判断した業者に対して、今回の処分が検討されています。また、コインチェックには2度目となる業務改善命令を出し、被害者への補償作業を監視する予定とも報じられています。

コインチェック事件の時系列

◆1月26日
2018年1月26日正午にXEM(以下ネムと称する)の入金制限
同日13時頃 ネムの売買、出金停止
同日16時頃 JPY、すべての仮想通貨の売買停止
同日23時頃 5億2300万XEM(約580億円)が不正出金されたと記者会見

◆1月28日
ネムを保有しているおよそ26万人に対する被害額580億円を、コインチェックの自社資金で返金実施すると発表

◆1月28日 
日本円の入金のみサービスを継続、それ以外のサービスは停止
アフィリエイトプログラムが一部機能停止

◆1月29日
金融庁より、原因の追究や再発防止策の徹底を求める改善命令を受けると発表

◆1月30日・31日 
下記の一部サービス停止
二段階認証設定で30.000satoshiプレゼントキャンペーン
マーケットメイカー出来高ランキング
でんきサービスでの決済・付与機能

◆2月2日
金融庁が立ち入り検査を実施
 
◆2月3日
日本円出金の再開見通しについて、外部専門家の協力も得つつ確認・検証を踏まえ、日本円出金の再開時期を伝えると発表

◆2月4日
コインチェックユーザーが3日に被害者団体を結成したと報じる

◆2月5日
国内の仮想通貨交換会社がセキュリティ強化に動き始めると報じる
2月5日にコインチェックユーザーが控訴

◆2月8日
金融庁がコインチェック以外の交換業者にも立ち入ると報道
ダークウェブで別の通貨に交換された可能性が捜査関係者により分かる

◆2月9日 
日本円の出金再開について同月13日に再開すると発表

◆2月10日
金融庁が無登録の仮想通貨業者に警告、監視強化

◆2月13日
コインチェックが金融庁に改善書を提出。事業は継続の方針と発表

◆2月17日
90億円分、ダークウェブ経由で交換された疑いがあることが分かる

◆2月22日
仮想通貨交換「みなし業者」を、金融庁が選別しはじめる

◆2月23日
警視庁が生活安全部長をトップとする捜査本部を26日付けで設置。捜査員、約100人体制で全容解明を目指す

◆2月27日
NEMが流出した数日前に同社のシステムから欧米のサーバーに向けて不審な通信が数回あったことが捜査関係者より分かる
NEMの補償返金に対し、課税所得になりうると報道がある

◆2月28日
コインチェックが営業再開のためにみずほフィナンシャルグループと伊藤忠に増資交渉していると報道がある

◆3月1日
レート検索機能・レバレッジポジション履歴ダウンロード機能が利用可能と発表。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る