COIN TOKYO

¥1,085,822
BTC -0.40%
¥20,200
ETH -0.44%
¥28.71
XRP -0.27%
¥32,775
BCH -1.01%
  • 2018/03/07
  • 2018/03/07
  • コイン東京編集部

プーチン大統領の命令:ロシアは2018年7月までに仮想通貨市場を合法化する準備を整える

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロシア当局は、2018年の夏までに、仮想通貨市場を合法化する新しい法案を可決する予定です。

3月1日のロシアの国会公式刊行物によると、ロシアのプーチン大統領は、本年7月1日までに仮想通貨の規制法案が採択されるとの期限を設定しました。
この報告書は、これまでに開発されたブロックチェーン技術を中心とした、2つの法案を元にしています。ロシア財務省は、ICOの発行に関する法的ガイドラインに焦点を当てていますが、ロシア中央銀行はクラウドファンディングに関する別法案を準備しています。

同報告書は、両局が仮想通貨に関する主要な規制上の動きに合意していることを示唆しています。それに対して、中央銀行は、仮想通貨取引に参加する小口のトレーダーおよび投資家に対しての法整備に関して焦点はおいていません。コンセンサスの欠如について詳述すると、金融市場委員会のアナトリー・アクサコフ国家委員会委員長は次のように説明しています 。「中央銀行はこの種のデジタル通貨の合法化に反対しています。この局面から言えることは、市民は可能性のあるリスクを考慮せずに仮想通貨に積極的に投資することができます。」

今月ロシアの議会に提出される、デジタル資産に関する個別の法案は、仮想通貨のマイニングに関するガバナンスルールの確立を目指しています。個々の企業家は、法的に認められた団体によって設立されたマイニング市場に参加することが許可されるでしょう、とロシアのExpert Council of the Youth Parliament の議長であるAlexei Mostovshchiko氏は述べています。アクサコフ国家委員会委員長はさらに、中央銀行と財務省からの双方の法案が、今月中に議会に提出される予定ですと強調しました。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る