COIN TOKYO

\823,251
BTC -0.28%
¥51,501
ETH -0.36%
¥50.29
XRP -0.19%
¥87,262
BCH -0.82%
  • 2018/03/11
  • コイン東京編集部

米国の仮想通貨取引所Bittrex(ビットレックス)が「SECのルールに従う」と発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
米国に拠点を置く仮想通貨取引所ビットレックスは証券取引に関する連邦政府の規制に準従うと発表しました。シアトルに本部を置くビットレックスは、水曜日にウェブサイトで公開した声明で、トークンの上場審査に関して、企業による非登録証券の取引市場形成を禁止する規則に準拠する事を宣言しました。

ビットレックスの公式サイトでの声明

ビットレックスは以下のように公開しています:
「ビットレックスは米国の仮想通貨取引所として新たなブロックチェーン技術プロジェクトを育成し、革新的で正当なデジタルトークンをユーザーに提供できるよう努めています。ビットレックスは強力なデジタルトークン審査過程を設けて、取引所に上場されているトークンが米国の法律に準拠しており、有価証券とみなされないことを保証します。」

証券取引委員会(SEC)の動向

この声明は、同日発表された証券取引委員会(SEC)の発表に直接的な反応を示したものです。SECは、ICOの多くが未登録の有価証券であると指摘して、「仮想通貨取引所がICOトークンを上場させることは潜在的に違法である」と警告していました。

SECは、‟証券トークン”を上場させている仮想通貨取引所を厳重に取り締まる予定であると表明していました。これは、取引所に対してSECに回答するよう呼びかけているかのように見えました。SECは各規制当局に仮想通貨取引所の監督に関して、より大きな権限を与える予定です。

ほとんどの取引所は現在、送金事業者として州レベルでライセンスを得ています。米国規制当局は連邦政府レベルでより強力な監視を実行していく意向を示しています。

今年2月、当時のSECの警告に対してビットレックスは上場審査の一環として、米国適格法律事務所からの覚書または評価が必要であると発表しています。提示すべき事実および法的根拠として必要な要素は2つあり、トークンが「証券法に基づく証券ではない」こと、そしてその取引が「コモディティ取引に関する法律の下で規制の対象にはならない」ことです。

「ビットレックスは、仮想通貨産業における米国の世界的リーダーシップを強めることに全力を尽くしています。イノベーションと経済成長を牽引するブロックチェーン技術について、安全で十分に規制された環境を構築するために、SECや他の規制当局と積極的な対話を継続していきたいと考えています。」と声明を締めています。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る