COIN TOKYO

¥727,663
BTC +0.11%
¥22,895
ETH +0.37%
¥51.09
XRP +0.27%
¥49,179
BCH +0.31%
  • 2018/03/11
  • コイン東京編集部

【中国】仮想通貨ビットコインのマイニングビジネスから撤退を決定!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインのマイニング会社やトレーダーを自国から追い払うために、中国の規制当局がさらなる措置を検討しているもようです。これまでの動きに伴い、すでに下落傾向にある業界は、新たな調査を求められており、同国の報道機関は、違法産業と見なすための行動を強化するよう求められています。

影響力のある国営メディアからの記事によると、国から仮想通貨取引とマイニングを強制的に廃止するために、さらなる摘発が開始される可能性があることが示されています。

2月には、中国インターネット財政協会は、バーチャル通貨とICOのリスクに対して警告し、2018年、リスクにおける最重要優先事項の1つとして加えています。

同月、中国共産党の公式新聞「人民日報」のコメントでは、“バーチャル通貨”とマイニングに関する厳しい規制が求められました。
“クレイジービットコインは、様々な違法な財政活動の中心になっています。
悪意のある取引、ゾンビマイニング、ビットコインでの違法利益を得るといったケースがありました。 “と記者は述べ、“規制の迅速な利用は、金融面でのリスクを回避するため、非常に効果的で安全な金融システムを構築するのに役立つのではないか”と語っています。
このコメントでは、中国が仮想通貨を規制するためにさらなる行動をとると言いましたが、詳細は述べませんでした。

国営の新華社通信の別の記事によると、最近の厳しい規制の後、中国の一部のビットコイントレーダーやマイニングをする人たちは地下に潜ったといい、「より徹底した」規制が必要であると指摘しています。

最近の摘発後、“未だに規制を回避するための新たな方法をみつけ、一攫千金を狙っている人々が絶えません” と記事は述べます。また 海外に拠点を移したが、ビジネスは中国でやっているというICOや、禁止となることを恐れずに新しいマイニング設備投資をしている人たちをのことを引用しています。

“禁止辞令を刷新し、より厳しい監督を実施すべきです”と記事は積極的に述べています。さらに、北京人民大学のYang Dong教授は、中国は仮想通貨取引活動のブラックリストを持ち、外国政府との協力を求めるべきだと述べています。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る