COIN TOKYO

  • 2018/03/11
  • 2018/03/11
  • コイン東京編集部 新崎優太

仮想通貨取引所バイナンスがハッキング情報提供者へ報奨金「ハッカーバウンティ」を用意

このエントリーをはてなブックマークに追加
3月7日に仕掛けられたハッキングの事後対策として仮想通貨取引所バイナンスは、ハッカー逮捕につながる情報提供者に対して報奨金を支払うことを、自社の広報ページで発表しました。ハッキングはバイナンスの迅速な対応により未遂に終わり、投資家の資産への被害は発生していません。



「サッカーの試合では、ディフェンスばかりしていられない。」バイナンスCEO CZ氏

Mediumの公式ページで公開した声明では、以下のように記載しています。
「仮想通貨プラットフォームの安全を確保するためには、単に防衛だけしているのでは不十分です。実際にハッキングを実行される前に、ハッキングを予防して、事後的にも対策を採る必要があります。3月7日のバイナンスに対するハッキングの試みは成功しませんでしたが、大規模かつ組織的な手口であったことは明らかでした。私たちはこの件について対処を続ける必要があります。」

バイナンスハッカーバウンティ

バイナンスは、2018年3月7日にバイナンスでハッキングを仕掛けたハッカーの法的な逮捕につながる情報提供者に、250,000米ドル相当の報奨金を用意するとして、以下の要件を列挙しています。

1、いかなる管轄でも、ハッカーの法的逮捕につながる情報と証拠を提供した最初の人物に、バイナンスコイン(BNB)で250,000米ドルに相当する報奨金を支払います。為替レートは譲渡時に決定します。
2、bounty@binance.com。そして自国の法執行機関に詳細な情報を提供してください。
3、自国の法律が許可する場合は、匿名のままでもかまいません。
4、複数の情報源の協力によって最終的に法的逮捕に至った場合、報奨金は情報源の間で分割される可能性があります。金額の分割方法については当社の任意で判断します。

将来的なバウンティ予算と業界への呼びかけ

バイナンスは現在、将来的なハッキングに対する報奨金として、約11億円($ 10,000,000)相当の仮想通貨を割り当てていることを明らかにしました。バイナンスはさらに、他の仮想通貨取引所やブロックチェーン事業社に対して、ハッカーバウンティへの協力および参加を呼び掛けています。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る