COIN TOKYO

\715,707
BTC +0.12%
¥32,132
ETH -0.84%
¥37.32
XRP -0.21%
¥60,590
BCH -0.81%
  • 2018/03/14
  • コイン東京編集部

世界最大級の取引量を誇るバイナンスが、分散型取引所のためのパブリックブロックチェーンを開発

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨取引所バイナンスは、分散型取引所の為のパブリックブロックチェーン『Binance Chain』 の開発を発表しました。

現在は開発段階であり、ローンチ時期については未定です。この発表から、バイナンスは取引所を中央集権型から分散型へと移行していく事を予想されています。Binance Chain は『パフォーマンス』『使いやすさ』『流動性』に重点を置いている模様です。また、 Binance Coin (BNB) をネイティブコインとして使用する予定であることも発表した。

バイナンスによると

“分散化取引所のフレームワークによって、バイナンスユーザーに既に慣れ親しんだ操作性を損なわせずに、取引の環境を改善できると考えています。 中央集権型と分散型の取引所は近い将来、相互に補完し合い、共存するでしょう。 私たちがこの取り組みを行う理由は、ブロックチェーン技術が世界を変えると信じているからです。 逆境に直面しても、私たちは常に、逃げるのではなく、正面から問題に取り組むことを選んできました。 このようにして、私たちは正式に Binance Chain の開発を開始することを決めました。

パブリックブロックチェーンとして、Binance Chain は主に、ブロックチェーン資産の移動と取引に焦点を当て、ブロックチェーン資産の将来の流れのために新しい可能性を提供します。 Binance Chainは、パフォーマンス、使いやすさ、流動性に重点を置いています。 Binance Coin (BNB) は、独自のブロックチェーンメインネット上に存在するコインにアップグレードされ、ネイティブコインになります。 同時に、Binanceは企業からコミュニティに移行します。”

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る