COIN TOKYO

¥510,630
BTC +0.09%
¥15,073
ETH +0.03%
¥49.57
XRP +0.36%
¥25,318
BCH +0.35%
  • 2018/03/15
  • コイン東京編集部

ゴールドマン・サックスが支援するサークル(Circle)社、手数料無料の仮想通貨取引を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
Circleは先月、米国に本社を置く仮想通貨取引所、Poloniexを買収した後、その名が知れ渡りました。

ゴールドマン・サックスが支援するブロックチェーンスタートアップのサークル(Circle)は、手数料なしの仮想通貨取引を開始したと、同社は水曜日に公表し、デジタルアセットクラスを運用する個人投資家から関心を集めていると述べました。

サークルは先月、米国に本拠を置く仮想通貨取引所Poloniex―取引所を約4億ドルで評価した取り決めー、により買収した後にその名が知れ渡りました。

同社は3月14日、ニューヨーク州、ミネソタ州、ハワイ州とワイオミング州を除いて、米国の大部分の州をカバーする新しい「サークル・インベスト」アプリへの早期アクセスに時間を費やしたことを、ウェブサイト上で発表しました。

サークルはCoinbaseが運営するGDAX取引所のような仮想通貨取引所と競合するもようです。 また、手数料無料の投資アプリ “ロビンフッド” が2月にデビューし、従来のな投資商品を含む、ビットコインとイーサリアムの手数料無料の取引を提供しています。

サークル・インベストは、競合他社からそのプラットフォームを差別化するために、保管口座やオプションの流動性、安全なウォレット機能を提供するための設備を備えています。

ブロックチェーンのスタートアップ企業は、トレーダーに0ドルで仮想通貨売買をさせることにより、そのニッチ市場を切り開いています。そうすることにより、サークルとロビンフッドは注文フローから利益を得ています。これは、ディスカウントブローカー(安い手数料で仲介業務のみを行う証券会社が)特定の取引所に直接注文をし、収益を上げるという、よくある手法の1つです。

ローンチを発表する際、サークルは、「私たちは、皆様から、この投資システムにおける早期アクセスバージョンに関するご意見をお待ちしております。最低預金額がなく、即時預金、またさまざまなコインに対する手数料無料サービス、パフォーマンストラッキング、そしてより多くのサービス ー 私たちは投資家の方達が仮想通貨とデジタル資産の取引を迅速かつ安価で簡単に投資できるように致しました、そして私たちのサービスは始まったばかりです。」との声明を発表しています。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る