COIN TOKYO

¥728,411
BTC +0.31%
¥22,974
ETH +0.45%
¥51.84
XRP +2.00%
¥49,761
BCH +0.66%
  • 2018/03/17
  • コイン東京編集部

仮想通貨Lisk、Core1アルファ版アップデート後にチャートが上昇中[3/16]

このエントリーをはてなブックマークに追加
3月15日、仮想通貨LiskのCore1アルファ版のアップデート完了が発表されました。この発表をきっかけにLisk(LSK)の価格は上昇傾向にあります。今後Core1ベータ版のリリースやSDKの配布も控えているLisk、今後どのような相場になっていくのでしょうか?チャートをみていきます。

LiskのCore1アルファ版のアップデート完了

Core1アルファ版のアップデート完了が発表されたのは3月15日、この発表後にLiskのチャートは上昇傾向にあります。今後はベータ版のアップデートを重ね、最終的にはLisk Core1の正式版のアップデートが行われる予定となっています。次のベータ版へのアップデートは3月20日から4月3日の間で行う予定となっているようです。更には4月にはSDKの配布も予定されおり、今後も様々イベントが控えています。

3月15日より価格上昇、上昇価格は雲に抑えられ0.0015BTC台で落ち着く

LSK/BTCの4時間足チャートをみていきます。3月15日のCore1アルファ版のアップデート完了発表後をきっかけに、LSKの価格は上昇しています。その価格は0.0013BTCから0.0016BTCまで上昇しています。上昇したLSKは、一目均衡表の雲に接触すると反発、現在も雲が上値抵抗線となり、上昇を押さえ込んでいます。今後は一目均衡表の雲のラインである0.0016BTCを抜けられるかどうかがポイントになってくるでしょう。

上昇を始めたLSK、日足チャートではまだまだ弱気相場

LSK/BTCの日足チャートをみていきます。2018年2月17日より大きく下落をみせているLSKです。3月15日のローソク足は久々の大陽線が出現し、下落を一巡しました。しかし現在のローソク足も移動平均線よりも下に位置し、まだまだ弱気相場を抜けていない状況です。2018年2月の最高値である0.00338BTC台からフィボナッチラインを引くと、フィボナッチ比である0.0018BTCまでは一度到達しています。しかし到達後すぐに反発をみせており、日足、4時間足共に実線を残していません。今後再び0.0018BTCまで上昇をみせるかどうか確認していく必要がありそうです。

今後LSKの相場はどうなる?

今回アップデートが完了したことで、LSKの価格は上昇傾向にあります。日足チャートではまだまだ弱気相場と判断され、上昇トレンドへ意向したとはいえませんが、LSKは今後、Core1ベータ版のアップデートやSDKの配布など、価格を上昇させる材料を残しています。まずは時間足チャートの0.0016BTCを抜けることができるのか、更にフィボナッチ比である0.0018BTC台で一度落ち着いた値動きをみせるのかを意識してみていくことが必要です。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る