COIN TOKYO

¥729,436
BTC -0.12%
¥23,132
ETH -0.01%
¥51.56
XRP -0.48%
¥49,729
BCH -0.13%
  • 2018/03/23
  • コイン東京編集部

ヤフーが子会社(ワイジェイ社)を通じて仮想通貨交換業に参入、ビットアルゴ取引所の株式を40%取得ー追記あり

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤフーは子会社を通じて、仮想通貨交換業のビットアルゴ取引所(東京)の株式の40%を取得したと、日経新聞が報じました。

同報道によると、2019年に追加出資を検討している模様です。
出資を行ったヤフーの子会社『ワイジェイFX』は、4月以降に1年をかけてシステムの調整や、セキュリティーの強化を予定しています。また、企業統治の体制も刷新する模様です。本格的に仮想通貨交換業として始動するのは、2019年に入ってからと見られています。

ワイジェイFXとは

ワイジェイFXとは、2003年に設立された会社で、東京都千代田区を所在地としています。
株主構成はヤフーが100%で、金融商品の取引業を行っていた会社です。
規制問題で揺れる仮想通貨業界ですが、大手会社(GMO、DMM、SBIなど)の参入が加速しており、仮想通貨界が再編されているとも見受けられます。


(3/23追記)ビットアルゴ取引所が「報道は公式発表ではない」

ビットアルゴ取引所より「報道は公式発表では無い」とのアナウンスがありました。以下はビットアルゴの公式HPより引用しております。

本日(3月23日18:00)、日本経済新聞において、
当社がワイジェイFX株式会社(ヤフー株式会社100%子会社)から
出資を受入れ、資本提携を行うとの報道がなされましたが、本件は当社が発表したものではありません。
当社は、昨今の仮想通貨業界を取り巻く環境変化を踏まえ、システムや経営の一層の強化を図るべく、
他社との資本業務提携を含めて、様々な可能性を検討していますが、現時点で決定したものはございません。
        
今後、公表すべき事実を決定した場合には、速やかに対応したします。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る