COIN TOKYO

¥637,619
BTC -0.07%
¥20,374
ETH -0.09%
¥54.11
XRP -0.30%
¥47,556
BCH -0.40%
  • 2018/03/26
  • コイン東京編集部

Paypalが2018年、ライトコイン(LTC)を受け入れる理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
多くの企業などが仮想通貨に対応してきています。ケーススタディは、世界的に有名な決済ゲートウェイであるPayPalです。

PayPalは、仮想通貨取引をより速く、より低コストで行う技術の特許を取得していると発表しました。これにより、多くの人々が、PayPalがビットコインに対応するようになると推測しました。しかし、本当にそうなのでしょうか。ビットコインは最大の仮想通貨ではありますが、PayPalのような大量の取引プラットフォームにとっては重大な問題があります。次に候補となる仮想通貨として、ライトコインがあります。これには、きちんとした理由があるようです。

第1に、ライトコインは仮想通貨において、取引コストが最も低いです。また、ビットコインとセキュリティ面でも非常によく似ているため、完璧に合います。仮想通貨を費用対効果が高く高速な方法で送金する機能は、PayPalのビジネスモデルと非常によく似ています。そのため、ビットコインとは対照的に、ライトコインはPayPalに追加される可能性が非常に高いようです。

第2に、PayPalはCoinbaseなどの仮想通貨企業からの競争圧力に直面しているため、競争に優位性をもたらす仮想通貨を追加します。先月、Coinbaseは、PayPalと同じように機能するプラットフォームであるCoinbase commerceを開始すると発表しました。この競争に打ち勝つために、PayPalは安全で、高速な取引と低コストを実現する仮想通貨を選択する必要があります。

ビットコインはこれらの条件をすべて満たしているわけではないため、ライトコインがより良い選択肢というわけです。ライトコインは、これらの競争上の優位性があるだけでなく、取引量が非常に多いことでも知られており、これらが評価されています。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る