COIN TOKYO

  • 2018/03/26
  • 2018/03/26
  • コイン東京編集部 新崎優太

Verge(XVG)が大型提携を予告!carVertical(CV)とBMWの”偽りのパートナーシップ”のようにならないか

このエントリーをはてなブックマークに追加
パートナーシップの発表は、古くからアルトコインとICOを‟パンプ”するための手段でした。宣伝側によるこの言葉の解釈は非常に広く、Wordを使ったホワイトペーパーやGmailを使ったコミュニケーションを取るだけで、グーグルとマイクルソフトのパートナーであると主張しかねません。パートナーシップを誇張した最も悪名高い例はIOTAですが、2つの最近の事例を通して、誤解を招く慣習的な場合と、一方で進化の一つの形を見ることができます。

BMWとCarVerticalのパートナーシップ

ドイツの自動車メーカーBMWは火曜日に、ICOプロジェクト「Carvertical(CV)」と提携していないと説明しました。CarVerticalは自動車会社と提携して、「車両データを車両レポートシステムに統合する最初のブロックチェーン企業」になると主張していました。しかし、BMWは単に誰でも利用できるデータツールを使用しているにすぎないと説明しました。

BMWのデータ活用を誇大宣伝したことを謝罪する代わりに、同社はパートナーシップを正当化し、むしろ被害者であると主張して批判を倍増させました。「このFUDが明るみになる前に、誰かに500万CVのトークンを支払うよう脅迫されました。これを拒むと犯人は誤った情報を伝播する攻撃を開始しました。」



「BMWはCarVerticalとパートナーシップを締結していません。あらゆる第三者が利用可能なBMWの車両情報インターフェイスを彼らは使用しています。」

バージは提携のために投資家からクラウドファンディング



「重要!!バージが仮想通貨で最大のパートナーシップを結ぶチャンスです!」

この慣習を次のレベルに引き上げるため、匿名性コイン「バージ(XVG)」チームは、特定の企業名を主張する代わりに「これまでで最大のパートナーシップ」となる大規模なコラボレーションを明らかにすると約束しました。内容を公開する条件として、投資家は月曜日までにクラウドファンディングを介して7500万XVGを寄付する必要があります。

バージは以下のように述べています:
「大量のトラフィックを持つサイトと広大なネットワークを持つグローバルな組織が、仮想通貨の市場への参入を検討し、バージと戦略的なビジネス上の協力体制を形成しようとしています。なぜならバージが安全な支払い方法として好ましく、何億人もの潜在的な消費者に迅速に、プライベートな取引手段を提供できるからです。この提携は複数の法定通貨を取り扱うグローバルにアクセスできる巨大な潜在的市場の獲得を意味しています。このクラウドファンディングを加速させるため、月曜日までに7,500万XVG調達の目標を達成できるよう協力してください。私たちの目標が達成されたら、2018年3月26日月曜日に会社名を発表します。」

この戦略の利点は、チームが誤解を招くパートナーシップの主張をしていないことと、十分な資金を集められず「パートナー」を全く明らかしないまま、コラボレーション機会が失われたとしてもバージの投資家コミュニティだけが非難されるという点です。オンライン上では具体的な証拠も無いままに、バージがアマゾンやマイクロソフトと提携するのではないかと噂を呼んでいます。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る