COIN TOKYO

  • 2018/03/26
  • コイン東京編集部

コインベース(coinbase)取引所とは?日本人でも仮想通貨トレードはできるの?特徴やデメリットを解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
アメリカ・サンフランシスコを拠点とする会社です。業界発のユニコーン企業(上場することなく評価額が10億ドルを超える企業のこと)とし名高く、コインベース取引所をリブランディングしたGDAX(ジーダックス)取引所を運営しています。

coinbase(コインベース)は2012年創業で、有力な株主や出資者を確保し、短期間で仮想通貨業界のトップベンチャーとなりました。創設者のブライアンアームストロング(民泊サービスの元エンジニア)とフレッドエアーサム(大手証券会社の元為替ディーラー)は、早い時期からビットコインの将来性に期待していたのです。利用者数1300万人以上という世界最大級の取引所です。2018年3月にはイギリスに銀行口座を開設し、イギリスでのユーザー登録も見込めるようになりました。

コインベース(coinbase)のメリットとは

◆流動性が高く取引が成立しやすい
世界最大級といわれているだけあり取引量も多く、流動性があるため取引が成立しやすいというメリットがあります。

◆コインベースウォレットも人気
コインベースは取引所だけでなく、個人用のウォレットも提供しており、ウォレット開設は3800万件にものぼります。アプリが見やすく、扱いやすいと非常に人気で、インストール数はなんと500万にもおよび、評価も4.4と非常に高いです。日本語にも対応しています。

◆資産が保険適用される
コインベースは世界でもいち早く仮想通貨の盗難補償を開始しました。ロイズ保険協会(イギリス)と提携しており、コインベースで取り扱いのあるすべての仮想通貨に対して盗難対応がされています。

◆大手企業からの出資を受けている
ニューヨーク証券取引所や日本の三菱東京UFJ銀行(2016年7月に約1000万ドル(約10億円))からも出資を受けており、資金面でも信頼性も高いです。また三菱東京UFJ銀行は、資金だけでなく独自の仮想通貨「MUFGコイン」を2018年度中に発行することを目標に、Coinbase(コインベース)と業務提携をしています。

コインベース(coinbase)のデメリットとは

◆取り扱い通貨の種類が少ない
現在コインベースが取り扱っている通貨の種類はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュの4種類です。
その他海外の大手仮想通貨取引所はであるポロニエックス(Poloniex)やビットレックス(Bittrex)はそれぞれ60種類以上,190種類以上であるのでかなり少ないといえます。様々な通貨での取引を希望されている方には少し物足りない可能性があります。ちなみに取り扱いのある法定通貨は米ドル、英ポンド、ユーロです。

◆取引手数料が高め
売買手数料0.25%のポロニエックス(Poloniex)やビットレックス(Bittrex)に比べコインベースの売買手数料は1%と高めです。

◆日本在住者は取引売買不可
現在32カ国で利用可能なコインベースですが、日本在住者はまだ利用することが出来ません。もし口座の開設をしたい場合は、アメリカのパスポートもしくは運転免許証、さらにアメリカの銀行口座が必要になります。

◆急増する顧客の情報管理が課題
2017年に仮想通貨が急激に話題に上るなか、消費者金融保護局(CFPB)のウェブサイト上に寄せられる苦情も急増し、しかもその約半数がコインベースへの苦情だったようで、一部投資家からクレジットカードに身に覚えのない請求が複数発生したり、お金が消えたり、銀行口座残高がゼロになったなどとの書き込みが相次いだようです。需要急増に対する準備が整っていなかったことが原因とみられ、これは新興企業によくある問題とされています。IT活用の新しい金融サービス「フィンテック」業界で最も名の知れた企業だからこその早急な管理体制が求められています。

ー批判の中でも出来る対策を行う姿勢
また2017年12月のビットコインキャッシュの上場の際にはインサイダー取引があったのではないかという疑いを持たれたこともありましたが、その際もコインベースは2018年1月にはセキュリティを最優先と考え、本人確認のプロセスの高速化やビットコインのsegwit※アップグレード対応など取引にかかる費用と時間の大幅な削減を発表しました。

※segwitとは取引ID の算出対象から取引に対する署名を削除し、取引から独立した署名領域 (Witness) を用いて署名をおこなうことを指します。

まとめ

日本在住者は取引や売買を行うことは出来ませんが、コインベースで仮想通貨の売買を利用できる国は増えてきています。取引量も世界最大級の取引所ですので、今後の動向に期待が持てそうです。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る