COIN TOKYO

¥1,349,699
BTC -2.08%
¥34,956
ETH -2.22%
¥46.78
XRP -5.71%
¥50,110
BCH -2.21%
  • 2018/03/27
  • 2018/03/27
  • コイン東京編集部

ビットコイン(BTC)のチャート下落が続く、今後どのあたりで底値となるのかー3月27日

このエントリーをはてなブックマークに追加
方向感のない動きをみせていた仮想通貨ビットコイン(BTC)でしたが、今週に入り大きく下落方向に進む形となりました。本日は、Twitterが今後一部の仮想通貨広告を禁止する等のニュースも発表されています。今後BTCはどこまで下落を続けるのでしょうか?チャートを分析していきます。

1時間足チャート、先週末まで続いていたレンジ相場は崩れ、大きく下落を開始

BTC/JPYの1時間足チャートをみていきます。3月26日、BTCはこれまで下値支持線となった87万円台を突き破り、下落を加速させました。下落した結果83万円台にまで価格を落としますが、27日の朝方には一度大きく反転、26日まで下値支持線となった87万円台は上値抵抗線へと切り替わり、再び下落を開始しています。

4時間足チャート、上値の切り下げは継続、下落サイン強い

次にBTC/JPYの4時間足チャートをみていきます。4時間足チャートでは3月26日の大陰線形成により、一目均衡表の雲を完全に下回り、弱気相場になったと判断してよいでしょう。27日、一度反発が起きた価格は83万円台です。この価格は3月の15日にも一度反発が起きた価格帯となります。先週末まで形成されつつあった下降三角系型のチャートは、今回の下落で大きく形を崩すことになりました。しかし、高値が切り下げられていることには変わりなく、3月22日からの下降トレンドラインを引き直し、83万円台を下値支持線とした場合、新たな下降三角系型のチャートが形作られることになります。この場合、大きく下離れを起こすタイミングが先週までの下降三角系型のチャートよりも少し早まることになります。

現在の下値支持線を更に突き破る場合、次に意識される価格は、今月の最低値となる78万円台まで意識されることになります。現在の下値支持線は3月15日にも反発されましたが、18日には大きく突き破られているため、下値支持線としては少し弱い可能性があり、更なる下落を感じさせます。

下落を開始したBTCは今後も悲観的な動きを予想

3月は幾度となく上昇トレンドへの転換シグナルを形成しつつあるBTCでしたが、その都度大きな大陰線により上昇への反転は失敗に終わっています。今回も再び下降トレンドへと移行してしまいました。下落を開始する陰線は1分足や5分足でも大陰線を形成していることが多々あります。これにより全体的なトレーダーが売りに入っているというよりも個人的なトレーダーによる売りと判断できます。大口トレーダーが現在の相場を売りの方向へ意識している場合、今後も更なる下落が起きる可能性も十分にあるでしょう。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る