COIN TOKYO

  • 2018/03/28
  • 2018/03/28
  • コイン東京編集部 新崎優太

韓国最大の仮想通貨取引所アップビット(Upbit)が、同国初の仮想通貨インデックスの設立を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
韓国最大の仮想通貨取引所アップビットが、同国初の仮想通貨インデックスの設立を発表しました。

アップビット(Upbit)は、比較的新しい韓国の仮想通貨取引所で取引量が最大の地位を急速に確立しました。この度、仮想通貨投資家が市場全体の傾向を理解する助けとなるよう、国内初の仮想通貨インデックスをスタートします。UBCI(Upbit Crypto Index)と呼ばれるこの指数は、取引所の長期取引データに基づく4つの市場の指数から、信頼区間で標準値を計算することによって測定されます。

4つのインデックス

開発された4つの指標は以下のとおりです。

〇マーケットインデックス:仮想通貨全体の時価総額加重指数。投資家にすべてのコインの概要を提供しながら、市場全体の流動性比率を要因とする。
〇セクター指数:その特性に基づいて、特定の分野のコインを分類する指標。
〇ビットコイン指数:市場におけるビットコイン取引価格に焦点を当てた指標。
〇戦略インデックス:投資家の仮想通貨ポートフォリオの定量的な投資家ルールと収率の指標となるルールベースのインデックス。

昨年9月に報じられたように、取引所アップビットはスタートアップフィンテック企業Dunnamu社によって初めて設立が発表されました。Dunnamu社は韓国で最も人気のある株式取引アプリ「カカオ・ストック」の運営会社で、100種類以上の仮想通貨をサポートする総合的な仮想通貨取引プラットフォームです。カカオ社の系列企業であるDunamuは、翌月にはアップビットをベータ版で開始しました。Dunamuはアップビットのトレーダーに、韓国の人口の93%が使用している国内で最も人気のあるメッセージングアプリ「カカオトーク」や、1300万人以上のユーザーを抱えるモバイル決済プラットフォーム「カカオペイ」など、他のカカオアプリと接続できるようにしました。

韓国の仮想通貨取引市場の52.9%を占める

立ち上げから数ヵ月以内に、アップビットはすぐに韓国の主要な仮想通貨取引業者になりました。先月、韓国与党の政治家が発表した市場データによると、同国の仮想通貨取引市場の半数以上となる52.9%を占めていることが明らかになりました。

過去24時間の韓国のビットコイン取引の市場データも同様の状況を示しています。

〇BTC/KRW過去24時間取引データ

Dunamu社のLee Seok-woo社長は、新たなインデックスの発表について、発生期にある仮想通貨市場と伝統的な金融市場の初期段階との類似点を引用して、投資家指標の必要性を強調しました。

Lee氏は以下のように述べています:
「仮想通貨市場の現状は、株式や債券に基づく伝統的な金融市場の初期と非常に似ています。したがって将来、市場がより洗練されていくにつれてUBCIはこの分野において重要な役割を果たすことが期待されます。また、我々は近いうちにインデックス構成のルールブックを公開するので、市場に評価されることになるでしょう。」

アップビットは4月初旬に3つのインデックスを開始する予定で、戦略インデックスは今年後半の立ち上げを予定しています。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る