COIN TOKYO

¥370,589
BTC -0.14%
¥9,806
ETH -0.19%
¥32.79
XRP -0.24%
¥8,383
BCH -0.55%
  • 2018/04/06
  • コイン東京編集部

コインチェックがマネックスグループの子会社になることを正式発表、元CEO和田氏は執行役員に

このエントリーをはてなブックマークに追加
4月6日、コインチェックがマネックスグループの子会社となる事を正式に発表しました。進退に注目が集まっていた元CEOの和田氏は、執行役員に就任となります。

以下、コインチェック公式HPより引用。

今般、コインチェック株式会社(代表取締役社長:和田晃一良、以下:当社)は、顧客保護の観点から、適正かつ確実な業務運営の確保を目的とし、マネックスグループ株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長:松本大、以下:マネックスグループ)の完全子会社となり、同社の全面的な支援を受けて新経営体制を構築することとなりましたので、お知らせいたします。

■マネックスグループの完全子会社化の背景

当社は、このほど発生した不正アクセスによる仮想通貨NEMの不正送金の事案を踏まえ、さらなる経営管理態勢の強化が必要であると認識し、マネックスグループとの間で、当社が同社の完全子会社となることを含め、株主構成その他の経営体制を変更し、同社の全面的な支援を受けることの可能性について協議を行って参りました。
そして、今般、当社の株主とマネックスグループとの間で、マネックスグループが当社の発行済株式の全てを取得する旨の合意に至りました。 今後は、オンライン証券事業など各事業子会社を管理する上場持株会社であるマネックスグループの完全子会社となり、同社の全面的な支援を受けて、経営体制を抜本的に見直し、内部管理態勢、内部監査態勢及び経営管理態勢等の強化に取り組むことで、顧客資産の保護を徹底した、安心できる取引環境を提供いたします。

■取締役及び監査役構成

2018年4月16日開催予定の当社の臨時株主総会において、新たに取締役及び監査役を選任いたします。これに伴い当社の和田晃一良代表取締役社長及び大塚雄介取締役COOは経営責任をとり取締役を退任し、新たなガバナンスの下で、当社のシステム等の担当として業務執行にあたります。新たな代表取締役には、現マネックスグループ株式会社取締役兼常務執行役の勝屋敏彦が就任する予定です。臨時株主総会後の経営体制及び執行体制については、以下を予定しております。

経営体制
代表取締役:勝屋敏彦
取締役:上田雅貴
取締役:松本大
社外取締役:久保利英明
社外取締役:玉木武至
監査役:長坂一可
監査役:郷原淳良
監査役:佐々木雅一


執行体制
社長執行役員:勝屋敏彦
執行役員:上田雅貴
執行役員:後藤浩
執行役員:三根公博
執行役員:和田晃一良
執行役員:大塚雄介
執行役員:木村幸夫


仮想通貨交換業の登録も容認となるか

同日、日本経済新聞により、金融庁がコインチェックに対して、仮想通貨交換業の登録を容認する方針だと報じられました。

金融庁より、今年の3月に2度目の業務改善命令を受けており、その際、「抜本的な経営管理体制」「責任の明確化」を求められていました。マネックスグループの出資を受けることで、金融庁の要求に応えられると判断された模様です。


仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る