COIN TOKYO

¥728,411
BTC +0.31%
¥22,974
ETH +0.45%
¥51.84
XRP +2.00%
¥49,761
BCH +0.66%
  • 2018/04/06
  • コイン東京編集部

漫画村でマイニングウイルスが仕込まれている?海賊版サイトの無断仮想通貨マイニングが相次ぐ

このエントリーをはてなブックマークに追加
情報セキュリティー会社【トレンドマイクロ社】は、人気漫画などをインターネット上で公開している【海賊版サイト】が、閲覧者のデバイスを利用し、無断で仮想通貨【Monero・モネロ】のマイニングをしていた事が分かりました。北朝鮮の資金源となっている可能性もあり、同社は【海賊版サイトの利用は避けるべき】とコメントしています。

漫画海賊版サイトとは

漫画、雑誌、小説など幅広いジャンルのものが全て無料で読めるサイトで、ダウンロードすることなく読めるので、購入金が発生することなく好きな漫画などが読めるサイトです。

同サイトは以前より違法サイトだと指摘されており閉鎖させる動きも活発化。y66y人気漫画が無料で読める【free books】というサイトは、2017年5月3日に閉鎖しています。

「自作の漫画コミック・雑誌・同人誌・小説などを自由に投稿し皆で共有&読み放題」

をモチーフに運営していましたが、出版社や個人クリエイターの著作物が無断で大量にアップロード。ネット上で違法性を問題視する声も激増し、サイトの閉鎖をしています。

トレンドマイクロ社によると、問題のサイトと同名サイトが複数確認されており、一部サイトはトップページにアクセスするだけで【コインハイブ】というプログラムが起動。勝手にモネロのマイニングを行うそうです。

コインハイブとは

2017年9月14日にスタートしたサービスで、広告に変わるサイト運営の新しい収益源と期待する人から、マルウエアであると批判する人まで賛否両論に分かれています。コインハイブは、サイトの閲覧者がCPUパワーを使いモネロをマイニングし、収益をサイトオーナーが受け取るという仕組み。多くのサイトでは、邪魔な広告が表示されそれの代わりの収入源として提供する事を目的としています。

問題点

マルウエアにコインハイブを仕込むケースが増えてきて、マルウエア開発者の資金源になっているのではと批判されており、スウェーデンのBitTorrentの検索サイト【The Pirate Bay】や、アメリカ最大のテレビ局CBSの子会社【Showtime】がコインハイブを導入した際は、インターネット上で批判を浴びています。

漫画海賊版サイトの利用は控える

ウィルスに感染すると端末に大きな負担が掛かるため、バッテリー急減、利用速度の低下、極度な電気代が発生。日本で有名な「漫画村」にも疑惑がかかっています。閲覧中に許可なくマイニングの動作を裏で勝手に実行されるようなので、漫画海賊版サイトの利用は、極力避けたほうが良いでしょう。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る