COIN TOKYO

  • 2018/04/10
  • コイン東京編集部

【RSKのビジョン】RSK Blockchain Conferenceのレポート①

このエントリーをはてなブックマークに追加
4月10日、ベルサール東京日本橋にて『RSK Blockchain Conference』が開催されました。このカンファレンスではコイン東京もサポートに入らせて頂いていますので、随時レポートをさせて頂きます。まずはRSK CEOのDiego氏によって語られた「RSKのビジョン」です。

仲介者が世界を作った

RSK CEO Diego Gutierrez Zaldivar氏

インターネットが情報社会を変え、大量の情報へのアクセスや、世界中の人とのコミュニケーション可能にしたのです。
それは不可能を可能にした瞬間でした。インターネットはコミュニケーション、エンターテイメント、社会の声の上げ方もかえたのです。

しかし変わっていない事もあります。それは"価値をどのように移転するか"。インターネットやイーコマースを使って送金や情報移転を行っていても、それは事実上第三者のネットワークを利用して成り立っています。つまり"仲介者"を挟んでいるのです。コミュニケーションとしては成り立っているが、送金や価値の移転が直接的に起こっているわけではありません。

いまの世界は仲介者が作り上げたと言っても過言ではないでしょう。仲介者によって便利な世の中となりました。しかし仲介者がいる事により、送金の移転には、多くのコストや時間がかかっているのも事実です。その為、未だに世界の半数の人が『金融サービス』を受ける事ができていません。そして仲介者は時折、公約を破る事もあります。公約が破られた事すらも、知ることができないケースもあるのです。それでも私たちは仲介者に依存しています。

そこで、新しいテクノロジーがうまれました。革新的な技術によりビットコインが誕生したのです。それは初めての分散化した、仲介者のない価値の移転をグローバルに可能にしました。ただのタイプライターがパーソナルコンピューターへと進化する事が想像できなかったように、ノーベル賞受賞教授の想像よりもすごい世界になっています。

今までの送金は、円、人民元、アメリカドルなどを経由し、地元の通貨に変わりました。多くの手数料と時間を要したのですが、ビットコインにはそれらが不要です。

ブロックチェーンの魅力

ブロックチェーンは大きな期待をされています。ブロックチェーンとは『台帳』です。それは特別な台帳で、一つのページが前のページとつながっていて、いわゆるドミノ効果があります。つまり、一つのページを書き換えても意味がありません。書き換えるには前のページの改ざんも必要なのです。それは革命的な要素で、改ざんをほぼ不可能としました。それにPoW(プルーフ・オブ・ワーク)が加わり、ビットコインは9年間一度もハッキングされていないのです。

RSKとスマートコントラクト

RSKは、スマートコントラクトで社会を変えていくビジョンを持っています。

一つ目の例は、自動走行車でしょう。
これはあくまでも例なので、実現するかどうかという訳ではありません。無人の自動走行車が町中を走り、乗る時にパネルが機能。降りた後は自動で扉が閉まる。ガソリン不足になるとガソリンステーションにいく。そして支払いはウォレットからされる。自動走行車に寄与した人たちに報酬があたえられる。

二つ目は貨幣です。
今後二年間で銀行口座をもたない人の半分がスマフォをもつでしょう。そう、ビットコインがあれば、取引コストを1cent以下におさえる場合があるのです。つまり金融がなくとも、金融サービスを受けられるのです。グローバルな金融、公平なシステムの構築を行います。

誰かに評価されるのではなく、自分自身で評価を生み出す。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る