COIN TOKYO

¥732,101
BTC +0.36%
¥24,237
ETH +0.91%
¥60.36
XRP +1.78%
¥50,250
BCH +1.05%
  • 2018/04/11
  • コイン東京編集部

韓国最大の仮想通貨取引所ビッサム(Bithumb)の2017年の収益が171倍増

このエントリーをはてなブックマークに追加
韓国最大の仮想通貨取引所ビッサム(Bithumb)は、2017年に収益が171倍に増加する見通しを示しました。2017年、ビッサムは4億2,000万ドルの純利益または利益を計上し、3億3,000万ドルの収益を記録したと報じられており、収益の詳細についてビッサムの代表は4月下旬に公表すると発言しました。

指数関数的成長

ビッサムの親会社であるBTCKoreaは、韓国証券取引所KRXに上場している公開企業です。公的に収益を公表する必要があり、唯一の子会社がビッサムであることを考えると、BTCKoreaの収益と利益率は自動的にビッサムのものになります。

コインデスク韓国によると、ビッサムは2016年比較して2017年に収益を171倍に増やした見込みであると報じられました。ビッサムは各注文の0.15%を運営手数料とし、料金モデルは依然として取引所の主な収入源です。

2017年、特に第4四半期には、ビットコインやイーサリアムのような仮想通貨の需要が急増したため、韓国の仮想通貨取引所の取引量は急激に増加しました。主要な仮想通貨取引プラットフォームは高値で売却され、公開されている仮想通貨取引所の株価は急騰しました。韓国で3番目に大きい仮想通貨取引プラットフォームであるコービット(Korbit)は、1億5000万ドルで買収されました。

4億ドルの純利益と3億ドルの収益?

2017年、ビッサムは4億2,000万ドルの純利益または利益を計上しましたが、3億3,000万ドルの収益を記録しました。公開市場の投資家は、ビッサムが提出したばかげた数字に驚きました。純利益が収入を上回っていたことを考えると、同社が主な収益モデルの外で実質的な収益を上げている場合を除き、ほとんどの場合ありえません。

コインデスク韓国のインタビューの中で、ビッサムの代表は同社が主なビジネスモデルだる仮想通貨取引プラットフォームの外で9000万ドルの利益を営業外収益として出したと述べました。ビッサムは、これはオフィスレンタル、金利、および投資利益から発生した可能性があると示唆しました。

「ビッサムの貸借対照表の詳細は、3月30日に取締役会で確定される予定です。そのため4月上旬に会社の貸借対照表の詳細を公表することは困難です。ビッサムは4月下旬に収益の詳細を公表することになるでしょう。」と同氏は語りました。

多くの場合、営業外収益は、他の個人や企業に賃貸されている不動産会社から発生します。例えば、ビッサムがソウルの中心部に商業ビルを持つ場合、ビッサムはその一部を使用するだけなので、他の事業に賃貸しますが、それは会社の営業外収益として計上できます。したがって、それは会社の収入には含まれず、純利益に含まれます。

ビッサムは、ビットコインやイーサリアムのような仮想通貨で資金を保有している可能性があるため、直接的な仮想通貨投資からの営業外収益を生み出した可能性があります。

数年前にヤフー社がアリババ社の株式を大量に抱えていたときも同様の状況が発生しました。アリババ株の価格が急騰したため、ヤフー社の非営業利益も増加し、同社の貸借対照表を押し上げました。

2018年に損失を被るケース

ビッサムの営業外収益がビットコイン投資から生じた場合、ビットコインが19,000ドルを超えて回復しない場合、ビッサムは2018年に損失を被ることになります。ビッサムの2017年の利益には、ビットコインの19,000ドルの価格スパイクの影響を含まれますが、プレミアムのために韓国では実際には24,000ドルに到達していました。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る