COIN TOKYO

¥499,319
BTC -1.89%
¥14,698
ETH -2.14%
¥48.68
XRP -0.94%
¥25,715
BCH -2.49%
  • 2018/04/13
  • コイン東京編集部

仮想通貨NEO(ネオ)のミートアップに参加しましたーコイン東京【4/12レポート】

このエントリーをはてなブックマークに追加
4月12日、中国版のイーサリアムと言われている『NEO』がミートアップを東京にて開催しました。コイン東京も参加させて頂きましたので、その様子をお伝え致します。

Malcorm Lerider (NEO R&D Manager)

今回はあえて"専門的"な用語を使わずにNEOのプロジェクトを説明しましょう。
現在ブロックチェーンでは、交通に例えると、大渋滞が起きています。渋滞が起きる事によって、
非常に多くのコストや、様々な弊害が起きているのです。
その渋滞を解決する為に、道路を増やさないといけないのか、道路を広くしないといけないのか、
地下鉄のように"層"を増やさなければいけないのか。

また、スマートコントラクトという素晴らしい技術があります。
その技術も、現存のブロックチェーンでは機能しきれていないのです。

さて、ここでネオのパフォーマンスについて話をしましょう。
ネオはトランザクション速度に優れていて、またネオのプラットフォームは
多言語なのです。どんなに優秀なデペロッパーでも、対応外の言語だと元も子もありません。
そう、ネオのプラットフォームは非常に汎用的なのです。

また、コンセンサスアルゴリズムも独自にありまして、それも効果的だと思っています。
仮想通貨で有名なPoW(プルーフオブワーク)やPoS(プルーフオブステーク)は、多くの工程を踏む必要がありますし、
マイナー同士の競争があるので、時間がかかるのです。
NEOでは『dBFT』という投票制を採用していて、競争がありません。

NEOは複数のプライベートチェーンやパブリックチェーンとも適応していて、
それは『NeoX』というプロトコルによって実現しています。1NEOで発行されるGASという
送金手数料に使えるコインも特徴でしょう。インセンティブが循環されて、トランザクションが
加速されるのです。

メインネットは2016/10/17から稼働しています。

О3 Labs (オースリーラボ)

私たちはデベロッパーです。技術を通してNEOを支援しています。
具体的なプロダクトしては『ウォレット』をリリースしています。『ウォレット』には
スマートコントラクトを活用しています。

私たちのゴールは、モバイルのウォレットを携帯してもらえること。
マーケティングをしているわけではないが、現在多く流通しています。
他にも、ネオエコシステム、デベロッパートレーニング、トークンセールのサポート
を行っています。

ネオのアプリケーションを適切なユーザーに届けたいのです。


仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る