COIN TOKYO

\706,871
BTC +0.00%
¥32,253
ETH +0.28%
¥35.64
XRP -0.58%
¥61,409
BCH +0.59%
  • 2018/04/15
  • コイン東京編集部

ICOのプライベートセールで1800億円調達したテレグラムに、ロシアの裁判所がアクセスをブロックすると通達

このエントリーをはてなブックマークに追加
モスクワの地方裁判所はロシア連邦保安庁(FSB)へ、メッセージの暗号鍵を引き渡すことを繰り返し拒否したために、ロシア発の人気インターネットメッセンジャー「テレグラム」へのアクセスをブロックすることを命じました。テレグラムは自身のICOのプライベートセールで現在までに史上最大の17億ドル(約1800億円相当)を調達していました。

金曜日の朝、タガンスキー地方裁判所はテレグラムの弁護士が審理を「法の濫用」として延期するよう要請したと説明し、裁判を進めるよう命じました。

テュンサンスキー地方裁判所のユリア・スモリーナ判事は、金曜日の朝、以下のように述べました:
「テレグラムの要請を退けて、テレグラムの代表者の介入なしにこの訴訟を調べることを裁決しました。」

判決が発表された後、テレグラムの代表は報道陣に上訴を検討していると語りました。ロシア通信規制当局(Roskomnadzor)の法律チームは、テレグラムが暗号鍵を引き渡す命令を履行すれば、ロシアでのテレグラムへのアクセスが回復すると述べました。

4月6日、Roskomnadzorはロシアのデータ保護法で要求されている連邦保安局に暗号鍵を引き渡すことを、テレグラムが拒否したため、ブロックする目的で訴訟を起こしました。今週初め、裁判所はFSBをこのケースで第三者と呼び、必要に応じてRoskomnadzorがテレグラムを直ちにブロックする要求を認めました。

ブロックが解除される可能性も

金曜日の朝、裁判所はテレグラムの拒否は違法であると判断し、メッセンジャーサービスをブロックするよう命じました。しかし、テレグラムが上訴に成功した場合、ブロックはは後で解除できる可能性があります。

テレグラムの弁護士は、事前協議に出席しませんでした。木曜日の夜、弁護士の一人パベル・チコフ氏は、同社の設立者であるパベル・デュロフ氏は、弁護チームの出席が "このオープンな茶番を正当化する"として事前協議に参加しないことを勧めたと記者団に語りました。デュロフ氏はツイートで、脅しには屈しない、そして同社は常に顧客の自由とプライバシーを保護することを誓っています。

さらにテレグラムのITスペシャリストは、特派員が直接メッセージを交換したため、クライアントのメッセージの暗号鍵を引き渡せないと説明しました。テレグラム担当者は、暗号鍵を提出するという要求を違法と考えていると述べました。

対抗訴訟

ロシア通信規制当局(Roskomnadzor)はテレグラムはこれらの声明は完全に正直ではないと主張しています。セキュリティ専門家によると、テレグラムはセキュリティサービスに秘密のメッセージを復号化するための鍵を引き渡すことが可能であると述べています。

テレグラムの通信アクセスについて当局と係争したのはこれが初めてではありません。2016年7月、FSBはテレグラムのマネージャーに、セキュリティエージェントがテレグラムにアクセスするための暗号鍵を引き渡すことに同意するよう命じました。同社はこれを拒否し、FSBは事案を裁判所に提出しました。同社は2017年に800,000ルーブル($ 14,000)の罰金を科されました。

テレグラムは、技術的な手続きを経てFSB命令を取り消そうとした対抗訴訟を返答したが、今年3月末に最高裁判所はFSBを擁護して、裁判所の令状なしでテレグラムに暗号鍵をFSBに引き渡すよう命じました。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る