COIN TOKYO

\743,932
BTC +0.22%
¥53,144
ETH -0.14%
¥52.05
XRP +0.30%
¥86,729
BCH +0.56%
  • 2018/04/22
  • コイン東京編集部

【Switcheo】仮想通貨ネオ(NEO)の初の分散型取引所(DEX)がついに動き始める

このエントリーをはてなブックマークに追加
Switcheoの立ち上げは非常に期待されており、ICOで850万ドルを調達しました。 ニュースメディアのCrypto Globeは、取引所は最初の1週間で平均約2百万ドルの取引量があったと報じています。 また、この取引所はEthfinex、Idea、Cobinhoodに続く4番目に大きなDEX(分散型取引所)になると報じられています。

マーケットにはすでに稼動している多くの分散型取引所が存在していますが、ほとんどの取引所はユーザーに、イーサリアムブロックチェーンで構築されているERC20トレードトークンのみを許可しています。 SwitcheoはNEOで稼動する最初の分散型取引所で、ユーザーにNEP5トークンでトレードすることを可能にします。

“NEOで開発されたプロジェクトの人気が高まる中、Switcheoは初のNEP-5トークンコントラクトを開始したのち、次にはQRC20トークン(QTUM)に移行する予定です。” とSwitcheoのホワイトペーパーには記載されています。

また同ホワイトペーパーによると、最初は法定通貨を受け入れることはせず、代わりに取引所は“ユーザーがバーチャルトークンとアセットを信用する事なしに、取引を実行することができる(つまり、集権化されたサード・パーテイを信頼する必要なしに)マルチチェーンの分散型仮想通貨取引所プラットフォームに向けて取り組んで行く”としています。

これまでのところ、取引所は20種類以上の仮想通貨取引をサポートしています。 Switcheoには独自のネイティブトークン(Switcheo Token= 'SWH')もあり、デイスカウント価格で取引手数料を支払うことに使用することができます。取引開始の際、Switcheoトークンは約0.026ドルで取引されていました。

分散型取引所は、中央集権型取引所よりも安全であり、Switcheoが取引所全体のグローバルな分散化に向けて、大きな動きの一つのステップとなることが期待されています。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る