COIN TOKYO

\705,283
BTC -0.47%
¥31,263
ETH -0.77%
¥31.55
XRP -0.21%
¥56,467
BCH -1.35%
  • 2018/04/23
  • コイン東京編集部

ビットコインキャッシュ(BCH)が連日の高騰、今後も好調を維持するのか―4月22日チャート分析

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインキャッシュは4月18日に大陽線を形成後、4月22日まで連日で上昇をみせており、現在は0.134BTC台まで価格を上げています。5月にハードフォークを控え、更に4月21日には大規模マイニングプールがビットコインキャッシュをバーンしているとの情報も発表されました。今後も上昇は続くのでしょうか?チャートをみていきます。

4月18日より上昇を始めたビットコインキャッシュは0.135BTC台まで高値を更新

BCH/BTCの4時間足チャートをみていきます。4月12日にこれまで大きく値動きをしていなかったBCHに突如大陽線が出現します。この日はアメリカの大手投資会社のCEOであるブライアン・ケリー氏がBCHに期待していると発言したことが大きな要因となっている可能性があります。その後も4月22日まで上昇をみせたBCHは0.135BTCまで高値を更新しました。

テクニカル分析では上昇トレンドサインが多く出現しているBCH

BCH/BTCの日足チャートをみていきます。4月18日より連続して大陽線を形成しているBCH、現在は一目均衡表雲の上弦に触れており、今後も上昇をみせた場合、厚かった雲を抜けることになり、今後の下落の下支えになる可能性が出現します。

テクニカルチャートでは黒三兵を形成、移動平均線をゴールデンクロス、更に一目均衡表の雲抜けまでわずかと多くの上昇トレンドサインが出現しているBCHですが、今回大きく上昇をした一番の要因はファンダメンタル要素にあります。

1. 大手投資株式会社のCEO、ブライアン・ケリー氏の好感発言
2. 5月15日にハードフォーク控える
3. 大手マイニングプール「ビットメイン」よりバーンの発表

これらの3つの要因が、高騰の要因となっている可能性があります。特にビットメインが行っているBCHのバーンは、他のマイニングプールにもバーンを呼びかけています。今後バーンされる比率が大きくなる場合、BCHは更に上昇をみせる可能性があります。ハードフォークに対しては現在期待による買い圧力が生まれていると考えられます。そのためハードフォーク後のBCHの評価によっては現在の価格から大きく下落する可能性があります。

ここまで急上昇をみせているビットコインキャッシュ、ハードフォークまでに更なる上昇みられる?

刻々とハードフォークまでが近づいてきているビットコインキャッシュ、仮想通貨時価総額も日々高値を更新、ビットコインに対してアルトコインの価格が上がっている点からみても、今後も上昇する可能性は十分にあります。しかし現在の上昇理由はファンダメンタル要素が強く、ハードフォーク実施日である5月15日が近づくにつれて一時調整がかかる可能性はあるでしょう。大手マイニングプールによるバーンも行われている為、下値はある程度固くなりやすいですが、急騰後には反発が起こりやすいことは意識しておいたほうが良いかもしれません。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る