COIN TOKYO

¥427,987
BTC -0.92%
¥11,712
ETH -1.16%
¥42.02
XRP -1.91%
¥13,597
BCH -0.06%
  • 2018/04/26
  • コイン東京編集部

仮想通貨取引所ジェミニがナスダックと提携!ジェミニでの取引を厳重に監視

このエントリーをはてなブックマークに追加
米国で最大級の仮想通貨取引所ジェミニ(Gemini)がナスダックとの提携を発表しました。ナスダックの技術により、ジェミニ取引所内のすべての取引ペアを監視します。

ナスダックの監視技術「SMARTS」

新たな契約により、ジェミニは取引所内の全ての取引ペアの監視機能を強化するため、ナスダックの監視技術「SMARTS」を導入すると、水曜日に発表しました。具体的に監視対象となる取引は、ビットコイン対ドル、イーサリアム対ドル、ビットコイン対イーサリアムの他、最近導入されたブロック取引機能です。

さらに、監視技術はジェミニが世界で最初に導入した「ビットコインオークション」全体の監督にも活用され、収集されたデータはシカゴ・ボード・オプション取引所(CBOE)先物取引所(CFE)でビットコイン先物契約の決済価格の決定に使用されます。

この技術は、ジェミニの市場でビットコインとイーサリアムの取引をリアルタイムで監視します。そして、異常な取引パターンを感知してフラグを立てる等に活用されます。SMARTSは、多様なアトランタのインターコンチネンタル取引所(ICE)や香港取引所(HKEx)を含む世界最大の取引所によって使用されています。

ジェミニ社の代表兼共同設立者のキャメロン・ウィンクルボス氏は、ウォールストリート・ジャーナル紙で以下のように述べています;
「ルールベースの市場形成の重要性を確信しているので、これを行っています。私たちはこれが進むべき真っ当な方向性だと考えています。」

ルールベースの市場を構築

ジェミニ氏は、ナスダックのSMARTSが世界で最も広く活用されている監視システムであると主張します。そして規制当局や機関が、特にニューヨークで仮想通貨取引所のオペレーションに対する監督を強化する時に、取引所が「ルールベースの市場」を構築する際に役立てると強調しました。

一方、米国の証券取引所ナスダックは、時価総額で世界第2位の取引所です。仮想通貨取引所へのSMARTSの導入について、ナスダックのValerie Bannert-Thurner氏は以下のように語りました;
「ニューヨーク州金融サービス局(NYSDFS)によって規制管理下にあるため、ジェミニは資本準備金の要件に関して厳しい基準を設けています。この取り組みはSMARTSの主要なマイルストーンであり、我々の技術を『非伝統的市場』や資本市場を超えた新しいフロンティアに拡大するという当社のコミットメントの重要な指標となります。」

ジェミニは信託会社として十分に信頼され、ビットライセンス要件から免除されています。先週ニューヨーク州の司法長官エリック・シュナイダーマン氏による透明性とアカウンタビリティの改善のために質問状を送られた13の仮想通貨取引プラットフォームのうちの1つでした。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る