COIN TOKYO

¥759,038
BTC -0.18%
¥27,527
ETH -0.97%
¥63.20
XRP -4.22%
¥55,850
BCH -1.10%
  • 2018/04/29
  • コイン東京編集部

求人情報が400%増加!?ブロックチェーン関係の仕事は、仮想通貨相場が暴落している間でも着実に増えている

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブロックチェーンの開発者や技術者としては、今の時期は非常に高待遇のタイミングではないでしょうか。 2017年に仮想通貨の価値と卓越性が大幅に向上したことで、ブロックチェーン開発者の需要が非常に高まっていることが分かります。

IBM、Oracle、SAPのようなグローバル企業は、ブロックチェーン技術に大きな賭けをしており、開発者を募集しています。これらの大企業は、毎日数百に及ぶブロックチェーンや暗号化のスタートアップ企業と競争しなければなりません。アクセンチュアやデロイトなどの世界的なコンサルティング組織も、ブロックチェーン業界に焦点を移しており、これから様々な分野でさらに多くの機会を提供してく予定でいます。企業のブロックチェーンの価値が、2025年までに現在の25億ドルから200億ドルまでに増加すると予想されています。

雇用機会、信じられないほどの求人率

ここ数年のブロックチェーン業界の急速な上昇で、市場は人材を探すために苦労しています。 LinkedInは、ブロックチェーン関連の求人記事が急増しているのを目の当たりにしたサイトの1つです。プロフェッショナル・ネットワーキングサイトの広報担当者は、2017年にブロックチェーンに関する求人情報が400%増加したことを明らかにしました。プラットフォーム上でユーザーが保持している最も一般的なキャリアは、ファウンダー、CTO、ソフトウェアエンジニア、コーファウンダーなどです。これらキャリアの保持率の数が高いのは、ブロックチェーンのスタートアップ企業の数が増えていることを証明しています。

IBMは、エンタープライズブロックチェーンの大規模な研究開発を行ってきた先駆的技術企業の1つです。同社は昨年、400以上のブロックチェーンプロジェクトが、1,600人以上の従業員を占めていることを明らかにしました。また、同社のブログ記事に、ブロックチェーンセクターで150人以上の求人を求めており、適切なスキルを持ち、フィールドで学士号を必要としないことを要件として候補者を募集していることを明らかにしました。デロイトは、ブロックチェーンセクターにも大規模に投資し、現在800人以上の従業員を雇用しています。このうち、半数が技術面に関与し、残りの半数はコンサルティングやマーケティングなどの技術面ではない分野で働いています。

一般的な考え方とは異なり、IBMやSAPのような巨大企業はブロックチェーンの開発者ではありません。一方で、これらの企業は古い歴史を持ち、給料も良いはずですが、有能な開発者がブロックチェーン・スタートアップ企業に転職する事態が起こったりもします。IBMにとっては、スタートアップ企業に転職した元従業員と良好な関係を維持する必要があり、なぜかと言うと、これらのスタートアップ企業が潰れた場合、彼らを再びIBMに迎え入れることができるからです。これは、IBMにとって独特なことではありません。デロイトの報告では、このような厳しい雇用獲得状況の後、優れた人材を獲得しています。デロイトのブロックチェーン部門のヘッドによると、これまでの最大の課題は、才能ある人々をチームに加えることでした。デロイトは、スタートアップ企業によって優秀な人材が獲得されてしまう前に、就職ポータル「Indeed」に転向し、教育機関から直接才能を募集することをしています。

ブロックチェーンの仕事は、毎日報告してくる9-5人の開発者グループに限定されません。フリーランスのコンサルタント、開発者、さらにはマーケティングの専門家、サービスの向上を必要とする企業の数だけでも多くのぼります。世界的に有名なフリーランスプラットフォームであるUpworkのようなサイトでは、過去1年間にブロックチェーンの求人情報が大幅に増加しています。Upworkは、ブロックチェーンを最も急速に成長しているスキルのカテゴリーと位置づけ、前年比で35,000%以上の信じられないほどの上昇を見せました。 Upworkと契約しているフリーランサーは、1時間に200ドルを請求しています。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る