COIN TOKYO

¥427,987
BTC -0.92%
¥11,712
ETH -1.16%
¥42.02
XRP -1.91%
¥13,597
BCH -0.06%
  • 2018/05/02
  • コイン東京編集部

仮想通貨ウォレット【Ginco】がSentinel Protocolと提携!さらなるセキュリティ強化に望む

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨モバイルウォレット【Ginco】を提供する株式会社Gincoは、Sentinel Protocolとパートナーシップを締結し、仮想通貨の不正送金を防止するシステムの開発を開始することを発表しました。

最初の取り組みとして、仮想通貨の不正アドレスを検知するシステムの導入に着手。今年9月の実装を目指して開発するとしています。

このシステムでは、Sentinel Protocolが提供する分散型の危険性評価データベース【TRDB(Threat Requtation Database)】を利用し、あて先が不正送金に関与している可能性の高いアドレスであった場合、送金前に警告を表示することで、利用者が詐欺の被害に遭ったり、誤って不正送金に巻き込まれてしまうことを未然に防ぐことができます。

また、過去に不正を行ったことのないアドレスでも、悪質行為を行うことで利用者に被害を与えた場合は、利用者はそのアドレスをGincoからSentinel Protocolに告発することで報酬を得る事が出来るそうです。

Sentinel Protocol(センチネル プロトコル)

仮想通貨のAutonomy(自律性=管理者の不在)の弱点であるセキュリティを集団的知性や機械学習で解決しようというプロジェクト。

仮想通貨におけるサイバー犯罪は、分散型台帳を利用したP2Pネットワークの匿名性ゆえ、ハッカー側がターゲット(取引所など)を選ぶことが非常に安易であるにも関わらず、攻撃者を特定するのが非常に難しい仕組みになっています。

現状これらの被害が全て自己責任という言葉に片付けられてしまうのですが、それぞれが対策を練っていったとしても、根本的な【仮想通貨におけるセキュリティ】は脆弱性をつくハッキングに対する本質的な防衛手段になりません。

Sentinel Protocolは、ブロックチェーンのそれぞれが自己利益のために動きそれが相互作用する仕組みに目を付け、仮想通貨の自律性という柱を守りつつ、集団知性や分散型AIを使うことによって、サイバーセキュリティエコシステムのプロトコルの実現を目指しています。

過去、Sentinel Protocolの創設者Patrick Kim(パトリック・キム)氏のイーサリアムウォレットからイーサリアムが大量に奪われてしまった際、これまでのサイバーセキュリティに携わった経験と知識を使って何かしたいと思い、誕生したのが【Sntinel Protocolプロジェクト】です。

現実世界には、銀行・銀行強盗する人・それを取り締まる警察がいますが、仮想通貨の世界では、ウォレットが【銀行】であり、ハッカーやフィッシング詐欺を行う人たちが【悪人】。
しかし、それを取り締まる警察に位置するプレイヤーがいません。ここに私たちがならないといけない、という思いでプロジェクトを進めているとChief EvangelistのJohn Kirch(ジョン・カーチ)氏は語っています。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る