COIN TOKYO

¥625,413
BTC +0.36%
¥19,596
ETH -0.05%
¥36.46
XRP -0.05%
¥33,784
BCH +0.18%
  • 2018/05/14
  • コイン東京編集部

仮想通貨Kin(キン)が181%上昇!ステラとイーサリアムのハイブリッドブロックチェーンになると発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨Kinを発行するキン財団CEOのTed Livingstone氏は、ステラ(XLM)のブロックチェーンを活用して、独自のブロックチェーンを構築することを発表しました。Kinは既にイーサリアムのブロックチェーンを活用しているので、イーサリアムとステラのハイブリッドな独自のソリューションを開発し、Kinとして独自のネットワークを構築すると説明しました。

仮想通貨Kin

KinはもともとERC20トークンとして開発されましたが、開発者は早い段階でスケーラビリティとトランザクション速度の点からイーサリアムブロックチェーンの限界を認識していました。Kikの設立者兼CEOのTed Livingston氏は、Kinを今すぐ拡大する必要があるとして、以下のように述べています:

「ほとんどの仮想通貨プロジェクトは、技術の追求が第一優先とされ、製品の追求は二の次にされてきました。キンはその反対です。業界で最も優れた開発陣と検討を進めた結果、イーサリアムと私たち自身のステラ(XLM)フォークのハイブリッド版を開発することが、Kinエコシステムに短期的にも長期的にも有益だろうという結論に達しました。」

Kinは、Kikプラットフォーム内で顧客の商取引を促進するための媒体通貨として考案されました。仮想通貨Kinの発行母体となる親組織、キン財団は5月8日、ステラをフォークして独自のブロックチェーンを設立することを発表しました。

この新しいブロックチェーンには、あらゆる取引手数料が無料とされ、認証されたノードを介して管理されます。

Kikについて

KiKメッセンジャーは、3億人(2016年時点)を超える登録ユーザーを抱えるスマートフォンのメッセージングサービスです。カナダのKikインタラクティブ社によって2010年に設立されました。Kikを使用することで、ユーザーはネイティブコミュニティに貢献することでKinトークンを獲得でき、プラットフォームのエコシステム内でアイテムやサービスと引き換えに使用できます。

たとえば、トークンは追加の有料コンテンツやサービスと交換することができ、開発者やコンテンツ制作者への報酬としてトークンを支払うことができます。

Kinは、2015年に開始された元の通貨であるKikポイントの役割を継承することで注目されました。これは、内部取引を促進するためにKikメッセンジャーサービス内で使用されていました。

フォークで何を目指すのか?

現在、KinはERC20トークン標準に準拠していますが、これはKinトークンの開発者はイーサリアムのスケーラビリティの問題を考慮して、Kinの将来を再検討しました。

Kinの開発者は、以前はステラ(XLM)ネットワークへの移行を計画していましたが、後に再検討され、現在、KinトークンがXLMネットワークとETHネットワークの両方で並行して動作する2チェーンシステムを構想していました。

しかし、キン財団のヴァイスプレジデントNethanel Lev氏によれば、ステラはそれ自体の問題を抱えており、Kinは「ビジネス・スケーラビリティ問題に直面し続けている」と述べていました。

Kinはユーザーに「2方向ブロックチェーンのサポート」を提供する予定です。つまり、消費者向けのアプリケーションでは、ステラではなく、Kinネットワークを優先的に使用することになります。

Livingston氏は目標について以下のように語りました;

「Kinを世界で最も使用される仮想通貨にすることです。最終的には、Kinネットワーク上の取引手数料を完全に排除し、マイクロペイメントをより合理化し、顧客にとって手間のかからないようにすることです。」

コインマーケットキャップによると、仮想通貨Kinの価格は3.9円、時価総額は297億6900万円で市場70位にランクされています。8日時点の2.15円から、現在までに181%急騰しました。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る