COIN TOKYO

  • 2018/05/15
  • コイン東京編集部

イーサリアム(ETH)は大陽線を形成し高値を0.085BTC台まで更新、今後も上昇は続くのか―5月14日チャート分析

このエントリーをはてなブックマークに追加
5月4日より長くレンジ相場を続けていたイーサリアム(ETH)でしたが、5月13日には大陽線を形成、高値を0.085BTC台まで更新させました。中期的にみても順調な上昇トレンドラインを形成しているイーサリアムは今後も上昇を目指せるのでしょうか?チャートをみていきます。

イーサリアムは遂にレジスタンスラインである0.081BTC台を突破、次なる目標価格は0.088BTC台

ETH/BTCの日足チャートをみていきます。4月上旬より上昇トレンドラインを形成していたETHは、5月2日以降ではそれまでの上昇を一度止め、レンジ相場へと切り替わっていました。日足チャートでは長い下ヒゲを残しながらも実線は0.08BTC台でしっかりと支えられた動きをみせていたETHです。5月13日には、4月3日より引かれた上昇トレンドラインと接触する日となり、今回も上昇トレンドラインに沿った値動きとして大陽線が出現した形となりました。今回レンジ相場内のレジスタンスラインである0.081BTC台の突破に成功することができたETH、次に意識される価格帯は0.088BTC台となります。

ETH/BTCの2時間足チャートをみていきます。5月13日には大陽線を形成したETHは、0.085BTC大まで価格を伸ばしました。大陽線形成後は上ヒゲをつけたローソク足を連続しており、上昇の勢いは落ち着いたと考えられます。今後はこれまでレジスタンスラインとして機能していた0.081BTC台をサポートラインとして値動きをみせる可能性が高いです。更に5月15日以降では4月3日より引かれた上昇トレンドラインが0.081BTC台を上回ることになり、二つのサポートラインが今後ETHの価格を押し上げる可能性があります。

レンジ相場でのレジスタンスラインを突破したイーサリアムは今後の上昇にも期待

5月2日以降続いた長いレンジ相場を遂に抜けたイーサリアム、日足チャートでみると綺麗な上昇トレンドラインを形成中です。明日5月15日以降の上昇トレンドラインは、現在のサポートラインである0.081BTC台を超える状況となってくるため、更に価格を上へ押し上げる可能性があります。上昇トレンドラインに剃らず、レンジ相場となった場合も、現在のサポートラインである0.081BTC台で支えられた場合、押し目買いとして値動きをみせる可能性があるでしょう。次なる目標価格帯は0.088BTC台となります。今後のイーサリムは十分に期待できるでしょう。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る