COIN TOKYO

¥505,521
BTC -0.83%
¥14,868
ETH -1.62%
¥48.90
XRP -0.83%
¥26,224
BCH -0.96%
  • 2018/05/21
  • コイン東京編集部

イーサリアムの新たな未来をつくる、イーサリアムのフォークコイン3選

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォークは、仮想通貨の背後にあるテクノロジーを変更または改良する意図で実行されます。この記事ではイーサリアムの新たな未来を形作る3つの卓越したフォークコインを探ります。

仮想通貨では開発チームがより良いバージョンを制作する目的で、ブロックチェーンを複製して特定の変更を加えると、フォークコインが誕生します。場合によっては、この変更は分岐「ソフトフォーク」と呼ばれます。ハードフォークは、最終的に新しいデジタル通貨を作成される永続的な分割です。

ほとんどの仮想通貨はオープンソース技術に準拠しています。つまり、どのプロジェクトでもコードをコピーし、さまざまなレベルと成功率で変更ができます。

先駆的な開発者が特定のブロックチェーンのアルゴリズムやシステムの欠陥を認識し、潜在的な解決策があると考えられる場合、プロトコル変更を提案する場合など、フォークが発生する理由はいくつかあります。

「第二世代」ブロックチェーンの第一人者であるイーサリアムのプラットフォーム上で行われるハードフォークの背後には、コミュニティの軋轢、分岐したアイデア、さらには詐欺的なものさえもありました。その中でも今後の展開が有望視される3コインを紹介します。

エクスパンス(EXP)

イーサリアムの2つ目のハードフォークと主張しているエクスパンス(EXP)は、分散型の暗号情報、アプリケーション、およびスマートコントラクトのプラットフォームです。

エクスパンスはICOの代わりにイーサリアムハードフォークとして誕生しました。エクスパンスの目的は独自のDAOを使用してアプリケーションを開発することです。これは所有者、パートナー、投資家に報酬を与える自己資金提供型の設計です。

原則としてエクスパンスは分散型組織を通じて管理、運営されるように設計されています。彼らが大事にするビジョンは、公平に分散され、コミュニティが民主的に管理されるということです。

エクスパンスのDAOは、新しい開発プロジェクトを列挙し、投票し、集合的な意見に従って実装することができます。これはイーサリアムの失敗したDAOの意図を思い起こさせる方法です。

エクスパンスのバックエンドはGeth(Go-Ethereum)クライアントに基づいており、GPUを使用して同様にマイニングできるので、ハードルが低くマイニングされやすい特徴がありあります。

コインマーケットキャップによると以下のような基礎データとなっています;
価格:203.41円 時価総額:1,6億円 供給枚数:7,906,397 EXP 発行枚数:16,906,397 EXP 
取引所:ビットレックス 63.34%

クォーラム(Quorum)

クォーラムは、「イーサリアムのエンタープライズ・バージョン」という使命を掲げて、プライベートトランザクションの高速処理と高スループット処理を目的とした、「許可制」ブロックチェーンプラットフォームです。

厳密には、クォーラムはイーサリアムの「プライベート」フォークです。当初、プロジェクトのコードベースが、ETHオープンソースのデジタルプラットフォームに基づいて(まだ部分的に実行されている)いました。

クォーラムは現在、世界最大の投資銀行の1つJPモルガン・チェースのオープンソース・イニシアチブで開発されています。

クォーラムは、デリバティブと支払いの範囲内でプライベートとパブリックセクションの両方の機能を運用できるように設計されています。イーサリアムとは異なり、クォーラムは特に公開されていません。プラットフォームは、アイデンティティや取引の詳細を一般に公開しません。プライバシーを保護するためにゼロ知識証明を使用します。

クォーラムは、「ウォールストリートの標準」になるように設計されており、個人のプライバシーとブロックチェーンベースのプラットフォームの効率性の両面から参加者による清算、決済、国境を越えた支払いを行うことを目的としています。

JPモルガン・チェースは、このプロジェクトを単に開発プロジェクトとして置くのではなく、クォーラムを独立会社に分社化させる可能性が報じられています。

イーサリアムクラシック(ETC)

ETCの話はDAOから始まります。最も顕著なイーサリアムプロジェクトの1つであるDistributed Autonomous Organizationの略語であるDAOは、ICOを通じて、ETHで約150億円を調達しました。

DAOは、分散型ベンチャーキャピタルファンドとして機能するように設計されています。投資家は議決権を得るためにETHをDAOに送付し、その後DAOがこれらの資金を分散すべきプロジェクトを民主的に決める筈でした。

結局のところ、DAOはビジョンを完了できませんでした。プロジェクトはハッキングされ、数百万のETHが盗まれました。

攻撃を受けて、イーサリアムのコミュニティは、失われた資金を回収し投資家に払い戻すためのイーサリアムのベースラインコードを変更するという議論の余地のあるプランを、投票の末に実施しました。ハードフォークと2つの別々のブロックチェーンが作成されました。

ご存知のようにイーサリアムは変更の導入と投資家への払い戻しを進めていましたが、開発者の重要なチームはオリジナルのイーサリアムブロックチェーンをそのまま残しました。

イーサリアムクラシック(ETC)として今日知られているこのプラットフォームは、積極的な開発および投資家コミュニティを誇り、現在のイーサリアム(ETH)ブロックチェーンとは異なる新しい進歩を達成しています。

イーサリアムクラシックの支持者が重んじる原則は、ブロックチェーンは不変であるべきで、ETHが導入した先例のような資金復活のための「危険なテコ入れ」は否定されるべきということです。

イーサリアムクラシックのウェブサイトには以下のように記載があります;
「私たちはイーサリアムの本来のビジョンを信じています。誰もシャットダウンできない不可逆的なスマートコントラクトを運用する世界的なコンピュータであり続けます。」

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る