COIN TOKYO

  • 2018/05/23
  • コイン東京編集部

大和証券が仮想通貨取引の参入に意欲、中田社長「大手参入の時機いつか来る」

このエントリーをはてなブックマークに追加
大和証券グループの中田誠司社長は、産経新聞の仮想通貨の質問に対して「(決済などの)インフラとして育てていくためのビジネスに参入の機会があれば検討する」と発言しました。

仮想通貨の取引量は2017年から急増しており、インターネット証券などの参入が増えています。しかし同時に、コインチェックのNEM流出事件で露呈した"セキュリティ体制"を危惧する声も上がっています。そこで大手証券の参入は、市場の安定にもつながり、市場拡大へと繋がるかもしれません。

現状の仮想通貨界は、マネックスグループのコインチェック買収や、SBIホールディングスの参入、更に本日発表されたマネーフォワードなど、大手が続々と参入しつつあります。


仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る