COIN TOKYO

¥711,746
BTC -0.12%
¥23,473
ETH -0.62%
¥36.32
XRP -0.66%
¥47,805
BCH -0.75%
  • 2018/05/24
  • コイン東京編集部

【今後のチャート】イーサリアム(ETH)の価格は急降下、反発するタイミングは?-5月24日

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年4月上旬以降、上昇トレンドラインに沿った値動きで順調に価格を伸ばしてきたイーサリアム(ETH)でしたが、5月21日には遂にトレンドラインを下方向へブレイクすることになってしまいました。トレンドラインブレイク後のイーサリアムは大陰線を連続させ一気に価格を落としていきます。本日5月24日には価格を0.0778BTC台まで下げる形となりました。イーサリアムのチャートをみていきます。

上昇トレンドラインを大きく割ったイーサリアムは価格を急降下させる

ETH/BTCの2時間足チャートをみていきます。4月上旬より上昇トレンドラインを下支えとして綺麗な上昇チャートを形成していたETHでしたが、5月14日以降は上値が重くなり、レンジ相場へと突入したことがわかります。5月21日までレンジ相場を継続させたETHは遂に上昇トレンドラインと接触、そのままトレンドラインをブレイクしてしまいました。ETHは急降下を始め、5月21日以降から約10%もの下落となりました。本日5月24日には一度0.075BTC台まで底値を更新し、軽い反発を起こしている状況です。今後下落を続けた場合、次に意識される価格帯は0.073BTC台となりそうです。

上昇チャートから一転、大きく下落したイーサリアム、日足チャートでの意識される価格帯は0.073BTC台前後

ETH/BTCの日足チャートをみていきます。5月22日より大陰線を連ねたETHは現在価格を0.077BTC台で値動きをみせています。4月上旬からの上昇トレンドが一巡したと考えた場合、フィボナッチ比率を考慮すると0.073BTC台が一つの反発を起こす可能性のある価格帯となります。0.073BTC台は2018年4月下旬より5月上旬のレンジ相場内にてサポートラインとして機能していた価格帯と近いこともわかります。そのためETHは今後反発が意識される価格帯まで一度価格を下げる可能性があるということを頭に入れておきましょう。

5月21日以降急降下したイーサリアム、今後反発するタイミングはどこなのか?

5月21日、それまでの上昇トレンドラインをブレイクしたイーサリアムは、現在底値を0.075BTC台まで更新しました。0.075BTC台は2018年5月7日に一度大きく反発を起こすサポートラインとして機能していた価格帯であり、急降下を終えたイーサリアムはまさに現在の価格帯から反発を起こす可能性は十分にあります。しかし現在の価格よりも少し下に位置する0.073BTC台も過去に強くサポートラインとして機能していた価格帯であるということ、フィボナッチ比率と一致しているということから、一度0.073BTC台まで価格を下げる可能性があるということは考慮しておきましょう。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る